まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

騎馬の民、シャンバラを征く~山羊に跨った凡骨少年、闇エルフの姫と出会い、英雄へと道を踏み外す~【ファンタジー/転生】


 
騎馬の民、シャンバラを征く~山羊に跨った凡骨少年、闇エルフの姫と出会い、英雄へと道を踏み外す~ 作者:土ノ子

 山羊に乗って飛竜と追いかけっこしたり、闇エルフのヤベーお姫様(愛情ヘビー級)と知り合って贈り物(意味深)されたり、前世の記憶に目覚めただけの凡骨少年が大馬鹿になって道を踏み外すお話。

 ※R-15指定。雑に死人が出る、奴隷など残酷描写があるのでその点はご注意を。
 ※小説家になろう、ノベルアップ+にも掲載しています。
 ※20/07/03 タイトル、あらすじを試験的に変更しました。しばらく様子を見たいと思います。


 オススメ度 ★★★★
 キーワード ファンタジー 転生 

サメ召喚 ~勇者失格で捨て駒にされたけど、外れスキルが覚醒して世界最強になった~【ファンタジー/転移】


 
サメ召喚 ~勇者失格で捨て駒にされたけど、外れスキルが覚醒して世界最強になった~ 作者:結城 からく

サメ映画の視聴が趣味である俺は、異世界に召喚された。
そこで世界平和のために勇者となるはずが、戦う力のない役立たずだと判明する。

俺が持っているのは、なぜか発動しない【召喚魔術】と謎の能力値"SAME"のみ。
他の異世界人みたいなチート能力は持っておらず、どうしようもなく弱い。
結果、育成価値がないと判断されて、魔獣の餌に選ばれてしまう。

魔獣に殺される寸前、俺は現実逃避をする。

「これがサメ映画なら、目の前の怪物を喰い殺してくれるのに」

長いので以下略


 オススメ度 ★★★ →
 キーワード ファンタジー 転移  

万能工具で異世界修理屋【ファンタジー/転移】


 
万能工具で異世界修理屋 作者:武川やまね

異世界勇者召喚で女神にスキル万能農具が欲しいと言ったら間違えて万能工具のスキルを貰った。しかもやっぱり戦えない勇者はいらないと言われて別の女神に海底に放り出された。なんとか生き延びた後、やたら近未来的な「船」に行き着く。

プロローグはその船のナビロボットを修理したり船自体を修理したりの万能工具性能確認編。
第一章は異世界の魔道具修理編。


 オススメ度 ★★★ 
 キーワード ファンタジー 転移  

異世界でもお米が食べたい【ファンタジー/転移/本編完結済み(60万字)】


 
異世界でもお米が食べたい 作者:善鬼

覚えている限り、1日で1回もお米を食べなかった日はなかった。あの日、異世界に迷い込むまでは。
金も権力も魔力もいらないので、誰かオレにお米をください。


 オススメ度 ★★★★(1章) → ★★★+(2章以降) 
 キーワード ファンタジー 転移 本編完結済み(60万字ほど) 

【追記(7/28)】雷帝の軌跡 ~俺だけ使える【雷魔術】で最強の魔術師を目指します~【削除】


 
雷帝の軌跡 ~俺だけ使える【雷魔術】で最強の魔術師を目指します~【削除】 作者:平成オワリ

 立花静流(30歳独身サラリーマン)はある日、雷神の手違いによって死亡した。雷神は殺してしまったお詫びとして【雷神の加護】を与えて、異世界に転生させてくれると言う。

 異世界に転生したら魔術師として活躍する。そんな妄想を普段からしていた静流にとって、その提案はとても魅力的だった。そして静流は雷神の提案を受け入れ、侯爵家の次男シズルとして転生を果たす。

 シズルが手にした加護は災厄のドラゴンすら滅ぼすほど強力。さらに前世で考えていた妄想と加護が上手く嵌まり、次々と新しい魔術を生み出しては使いこなしていく。

 これはいずれ【雷帝】と呼ばれる男が、世界最強の魔術師に上り詰めるまでの物語。


 オススメ度 ★★★ →
 キーワード ファンタジー 転生


 規約違反でアカウントが削除されたため、作品が削除された模様
 更に追記 (7/28)


今日も絵に描いた餅が美味い【ファンタジー/転移】


 
今日も絵に描いた餅が美味い 作者:もちもち物質

どうやらこの世界では、僕が絵に描いたものが実体化するらしい。
だったら異世界スローライフ。描きたいだけ描いて楽しもうじゃないか。

これは、絵を描きたいだけの男子高校生が異世界で絵を描くだけの話ですが、そのせいで精霊に勘違いされたり、絶滅したはずのドラゴンが復活したり、いつの間にか森の奥に城塞都市が完成していたりします。
とりあえず、今日も絵に描いた餅が美味い。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード ファンタジー 転移

埋没殿のサイレントリッチ【ファンタジー/アンデッド化】


 
埋没殿のサイレントリッチ 作者:ジェームズ・リッチマン

死想の彫刻家リチャードは王国の地底にて処刑されたが、ある日突然目を覚ました。
彼はアンデッドのリッチになっており、数多のアンデッドを統べる程の莫大な魔力を手にしていたのである。
だが彼は呪文を呟かない。人への復讐心もない。
彼は死後も彫刻家であり、彼は常に“死”というテーマに魅せられているからだ。
今日もリチャードは死の底で作品作りに執着する。そして彼の作品は、次第に地底に眠る不死者たちを変化させてゆくのだった。


 オススメ度 ★★★★
 キーワード ファンタジー アンデッド化  ハーメルン(オリジナル)

カテゴリ

openclose

Twitter