まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~【現代(ノート)⇔過去(ノート)】


 
日本が日露戦争後大陸利権を売却していたら? ~ノートが繋ぐ歴史改変~  作者:うみ

ロシアと戦争がはじまる。
突如、現代日本の少年のノートにこのような落書きが成された。少年はいたずらと思いつつ、ノートに冗談で返信を書き込むと、また相手から書き込みが成される。
なんとノートに書き込んだ人物は日露戦争中だということだったのだ!
ずっと冗談と思っている少年は、日露戦争の経緯を書き込んだ結果、相手から今後の日本について助言を求められる。こうして少年による思わぬ歴史改変がはじまったのたった。


 オススメ度 ★★★
 キーワード 現代⇔過去  日露戦争  歴史改変



 日露戦争中の日本と現代日本で繋がった1冊の不思議なノート。
 現代側は過去の歴史を書き込み過去の人へアドバイス。
 過去側はアドバイスに従い、日本の方針を転換。
 歴史が本来とは違った形で動いていくことに――。



 現代から過去に史実+アドバイスを教えて歴史改変していく系。
 ノートを使った交流で歴史改変するというコンセプトはグッド。
 けど、歴史知識の解説が多くてQ&A的なノリになってるせいで、話が進むにつれて物語性がなくなってくるのが残念。ちょっとご都合主義感が強すぎるのも気になるところ...

 過去側の物語をもっとしっかり書くか、もっと大胆に歴史改変するか、コンセプト以外の部分で「強み」が欲しかったかなー。
関連記事
[ 2017/02/25 00:59 ] オリジナル小説 歴史 | TB(0) | CM(3)
ノートチャットで歴史改変はいいんだけど、肝心の"どう改変するか?"
について決める部分が親子の会話主体なせいでテンポが悪く説得力を感じない。
文通相手は何者なのかとか、主人公親子が協力する動機がふわふわしてるから
ストーリー進行に緊迫感がないし改変内容に興味がわかない。
管理人さんと同じく、もったいないなーって感じた。

[ 2017/02/25 05:01 ] [ 編集 ]
コンセプトは良いんだけど、こうしてみよう、実際こうなった。でも、一つのことを変えたら他の人も変えて予想外のことが起きると思うんだけどそういったこともないし、単調であきた。歴史勉強にはちょうど良かったが、小説としてはちょっと物足りない、というのが感想かな。
[ 2017/02/26 00:43 ] [ 編集 ]
過去の方の視点がなんで文通相手じゃないのか
まぁ、傍観者から見た歴史として記してんだろうけど話があっさりし過ぎてる
基本は主人公と文通相手の軍人で表と裏で話進めて時々周りの視点として使う方が良いんじゃないだろうか

あとワクテカ新聞が凄くウザい
話中で説明できなかった部分をあそこで詰め込んで説明してるんだろうけどいらない
[ 2017/02/26 00:45 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter