まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

非正規(モグリ)の錬金術師(アルケミスト)【ファンタジー】


 
非正規(モグリ)の錬金術師(アルケミスト)  作者:雨霧五月

非正規(モグリ)の錬金術師(アルケミスト)ルーベル。彼の持つ黄金の左瞳は真実を見抜く魔眼である。だが、そのチートと言える魔眼を積極的に活かす事も無く、淡々とした日常を過ごす冴えない男であった。魔法使いであり錬金術師でもある、だらしの無い青年ルーベルの日常譚。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード ファンタジー? 錬金術



 パッと冴えない非正規の錬金術師の青年が主人公。
 左目に魔眼(鑑定)のチート持ち。
 魔眼を使って探偵や鑑定業をやれば成功するのはわかっているが、錬金術を仕事にほそぼそと日常を過ごしていく――。



 だらしないけど凄腕な錬金術師の日常もの。
 錬金術が違和感なく自然と溶け込んでる世界観やなかなかにいい作品かなー。
 何気ない助手とのやりとりや雑多な生活感もグッド。

 けど、1章1章があっさりしすぎている点や情景描写が足りなせいで町並みとかが分かりづらい点はマイナス。
 地味な面白さは好きだけど、ちょっと無難すぎたかも?

関連記事
なんか主人公が中途半端というかなんというか
過ぎたる力は身を滅ぼすって考えはいいんだけども、だからといって生きにくい人生を送るのはどうなんだろうか
これが完全に世捨て人って感じなら納得もするんだけど日常でも力使いまくってるっていう
完全に制御できずについ使ってしまっているなら多少地位や金のために活用してもいいだろと感じてしまった
絡まれた際に相手の深い事情まで覗いて煽って対処って逆に性質悪くない?
結局ヤレヤレ系の亜種みたいに感じてイフリート辺りでギブアップした

こういう主人公やるならヴァッシュ・ザ・スタンピードぐらいぶっちぎってくれないと臭く感じる俺は捻くれ者
そんなに力が恐ろしいなら目玉抉れば!と思ってしまった
[ 2017/03/25 16:55 ] [ 編集 ]
主人公のだらしなさ故の中途半端なポジションっぽいのでこれはこれでありじゃないかな?
性質が悪い点には同意
まあ、合わないと思ったら無理に読まずにスッパリギブするのが正解ですねー

あと、目玉を抉る! までいけば主人公どころか作品の根幹まで変わって完全別作にになりそうな...
[ 2017/03/25 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter