まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

起きたら20年後なんですけど! ~悪役令嬢のその後のその後~【転生】【ざまぁ?】


 
起きたら20年後なんですけど! ~悪役令嬢のその後のその後~  作者:遠野九重

 フィオリア・ディ・フローレンスは『暴風の女帝』と綽名される公爵令嬢。頭脳明晰だが、暴れん坊な一面もあったりなかったり。16歳ながらも父親から領主権限をぶんどって(物理)、みごと改革を成し遂げた。だがある日、王太子から無実の罪で婚約を破棄され、毒薬によって昏睡状態に陥ってしまう。
 ……20年後、フィオリアは当時の姿のままで目を覚ます。時代は移り変わり、すっかり王家は没落していた。フローレンス公爵領は大きく発展していたものの、問題はまだまだ山積み。やっぱり私がいないとダメね! 再び領地経営に取り組むフィオリア。しかし、そんな彼女のもとへ次々と婚約話が舞い込んでくる。相手はかつての知り合い……の子供たち。彼らにとってのフィオリアは悲劇のヒロインで、憧れの女性なんだとか。いやいやちょっと美化しすぎじゃない!?
 ※20年のあいだにいろんな人がざまぁされていますが、本編でもさらにざまぁされます。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード ファンタジー  転生  悪役令嬢?



 王太子に毒殺されかけ、昏睡状態に陥った公爵令嬢。
 20年後に前世の記憶とともに復活。
 王太子+αたちに仕返しをしつつ、領地経営&国の立て直しを計っていく――。



 主人公の女帝っぷりがかなり良い作品。
 公爵令嬢の突き抜けたTUEEEEっぷりがグッド。20年という時差のおかげで、謎の行き遅れ感が出ているのもなかなかに面白いかなー。
 ただ、この設定なら転生要素なしのほうが良かったような? あと幕間もちと微妙。


 一応ざまぁ要素はあるものの、悪役令嬢はいつものごとく枕詞みたいなものかなー。

関連記事
確かに乙女ゲーム要素が無かったら完璧な作品だとおもったよ~
[ 2017/04/28 12:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter