まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

腹ぺこな上司の胃をつかむ方法~左遷先は宮廷魔導師の専属シェフ~【ファンタジー】【料理(餌付け)】


 
腹ぺこな上司の胃をつかむ方法~左遷先は宮廷魔導師の専属シェフ~  作者:佐伯さん

若くして宮廷魔導師になったヴィルフリートが上司ににらまれ飛ばされた先は、変人の巣窟「ただ飯食らい」の第二特務室だった。
成り行きでそんな変人達の頂点である室長エステルの専属シェフに任命されてしまい、仕事逃亡の阻止や餌付けに精を出す日々が始まる。
気がつけば本職より板につき始めているエステルの料理人業兼従者業。最初は不満だったのに段々満更でもなくなりつつある状況に困惑し始める。こんなことで夢の筆頭魔導師になることはできるのか。
これは苦労人ヴィルフリートが、はらぺこの上司エステルのお世話を焼きつつなんだかんだほだされていくお話。
(暫くは予約投稿分があるので毎日更新です)


 オススメ度 ★★★+
 キーワード ファンタジー 料理(餌付け)




 上層部に睨まれ、変人の巣窟に左遷された主人公。
 左遷先には腹ペコで行き倒れしている上司。
 職業は宮廷魔導師のはずだったが、いつの間にか残念上司の食事を作るのが仕事に――。
 




 恋愛タグが付いているけど、実質的には餌付けがメイン。
 丁寧な描写、キャラの活かし方、話の方向性など全体的にバランスが良くいい塩梅。
 飯テロもいいけど、ほのぼのした空気感もなかなかにグッド。

 ただ、キャラが表面上だけでちょっと薄っぺらい感じも?

 3章あたりから真面目な話も入ってきそうかなー。 
 
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter