まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

この世界のダンジョン経営は二人でするものらしい。


 
この世界のダンジョン経営は二人でするものらしい。  作者:剣崎剣 

ある日突然、一通の黒い封筒が届いた。封筒の中には合格通知と書かれた書類らしき紙が一枚入っている。そこに書かれた通りのことをした数日後、突然ダンジョンを作り、管理、経営することになった。しかも、元の世界、現代日本に帰ることは一生できないらしい。せっかく手に入れた機会と力。日本に未練は………小説の続きが読めなくなったぐらいしかない。実質ないに等しい。なら、やることは決まっている。ダンジョンと言う自分の城に加え、力まで一緒に手に入れたのだ。やりたいことは………いくらでもとは言わないが色々思いつく。だから好き勝手やる。やりたい放題、力を振るう。他のダンジョンと言うライバルは多いが、このダンジョンは一人で経営するものじゃない。それじゃあ早速、ダンジョンを創ろう!
 


 オススメ度 ★★
 キーワード 異世界トリップ 俺TUEEEEE

 

 最近、ダンジョン系の作品がマイブームだったり?



 謎の人物に選ばれて、異世界にトリップする主人公。
 個性に合わせて個人スキルが与えられ、二人一組で強制的にダンジョンを経営させられることに。
 主人公はダンジョンマスターに、同じくダンジョン経営するはめになったヒロイン(?)はダンジョンボスになり、外からやってくる冒険者や軍を迎え撃つ。

 主人公はどこか壊れた外道系。
 ヒロイン(?)も主人公と共に行動しているせいか徐々に感性が壊れていく。


 主人公たちはかなりのイージーモード?



 全体的に設定と説明が多く、視点切り替えが中途半端になっているので少し勿体ない作品。
 ダンジョン経営と学園ものを組み合わせる発想はいいと思うが、全く生きていない設定。
 ダンジョンマスターになってアレコレする系の一種のテンプレてきな話の作りなので、ダンジョン系入門にはちょうどいいかも?
 .
 
 ダンジョン系はかなりの確立でエタるので、頑張って完結まで行って欲しいところ...
 
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

Twitter