まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

エースパイロットは転生者でした【架空戦記/WWⅠ】


 
エースパイロットは転生者でした  作者:スカーレッドG

202X年6月X日、N県H山で家族と共に登山を楽しんでいた元航空自衛官のパイロット「浅川裕一郎」は、突然の落石事故に見舞われて山を滑落、そのまま死んでしまった。
しかし、彼が目を覚ますとそこは飛行中の複葉戦闘機のコックピットであった。
第一次世界大戦の戦場のど真ん中で同姓同名の青年に転移した浅川裕一郎は、航空自衛隊で鍛え上げたパイロットの腕を活かして軍で上り詰めていく架空戦記である。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード 歴史 転生 WWⅠ




 第一次世界大戦にて日本に空軍があったら、なIF世界に転生した主人公。
 元自衛官でパイロットだったこともあり、航空機の操縦はお手の物。
 派兵先のフランスでエースパイロットとして活躍することに――。 
 



 IF歴史への転生もの。
 自衛隊仕込みの技術+当時になかった空の戦術を使ってTUEEE……みたいな?
 フランスやドイツを舞台に、航空機でWWⅠに参戦するのも新鮮味があってグッド。

 読んでいると、微妙にエースコンバットをやりたくなってくる罠。

 ただ1話ごとの文字数が少ないので、ある程度のまとめ読みを推奨。
 過去作を見ているとエタる可能性が高めなので、コンセプトと時代背景を楽しむ系の作品かなー。


関連記事
[ 2018/02/22 01:17 ] オリジナル小説 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter