まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

サンソンに出会いを求めるのは間違っているだろうか【歴史/フランス】


 
サンソンに出会いを求めるのは間違っているだろうか  作者:左高例

時代は17世紀フランス。シャルル・サンソンは婚約者と嵐に巻き込まれ重傷を負い、とある親子に助けられた。婚約者を亡くした彼を看病する優しく美しい娘マルグリットに次第に惹かれていくが、互いの身分差が壁になってしまう。マルグリットは当時、最も市民から忌避される職業である処刑人の娘であったのだ。これはフランス革命の世界一有名な処刑人シャルル=アンリ・サンソンの先祖、処刑人サンソン一族の初代がいかにして処刑人になったかの出会いの物語。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード 歴史 近世 短編(3.5万字)




 タイトルがネタに見えて案外きっちりハマっている作品。
 真面目系ロマンスで、史実の話を組み込んでるのが上手い&面白いかなー。
 近世フランスの事情や処刑人の扱いなど、背景的な部分も地味にいい感じ。
 

 ★4とと迷ったけど、ハッスルシーンだけ急におちゃらけてた部分が気になったので★3+。
 (ノリは良かったけど


 FGOのサンソン周りの話とかセイレムの雰囲気が好きな人は、けっこう気に入りそうな?
 この作品のサンソンは初代、FGOのサンソンは4代目
 

関連記事
[ 2018/03/28 00:45 ] オリジナル小説 歴史 | TB(0) | CM(2)
山村に出会いを、ではなかったか
[ 2018/03/29 10:13 ] [ 編集 ]
江戸の人だからもっとブっとんだものかと思いきや、しっかりと読ませる作品でしたね
[ 2018/03/29 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter