まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

『二度目の人生を異世界で』アニメ化中止&出荷停止について【雑記】


 


 HJノベルス『二度目の人生を異世界で』に関しまして(出版社公式ページ)


 作者のヘイト発言を理由に10月に放送が決まっていたアニメが放送中止になった模様。
 シリーズ累計100万部を突破している書籍版も出荷停止に。


 個人的には、ちょーっとやりすぎ な感じかな?


 アニメ中止まではなんとか理解できるけど、出荷停止は出版社が日和ったとしか...
 というか、またHJ(ホビージャパン)。
 「戦乱の帝国と、我が謀略」の時にやらかした印象がまだ...
 むしろ去年やらかしたことで、HJに面倒事は尻尾切りする流れが出来てる可能性も?
 流れを考えるともう1作くらいHJからなんか出てきそうな。


 二度目の人生を異世界で1
 境界線上のホライゾンXI<上>
 宵物語 (講談社BOX)




 まあ、今回の騒動は各所で取り上げられてるので一連の流れはざっくり大雑把に
 (順番は多少前後するところも



1、作品内で明言されてないものの、主人公がWWⅡで中国人を斬殺した設定じゃね? と疑惑(推測)が発生
2、この作者の作品が、中国(海外)でアニメ配信予定。マジないわー、と

 中国のネット界隈で微炎上

3、作者の過去ツイートを遡ると4・5年前に中国・韓国に対してのヘイトツイートが多数発見される

 韓国系も巻き込んで更に炎上

4、声優への脅迫
5、メインキャストたちの降板
6、作者謝罪
7、アニメ化中止
8、出版社が作品の出版停止
 



 アニメ配信&海外での出版事情 / 中国マネーの影響の大きさを考えるとアニメ放送中止は仕方なし?

 個人的には、海外での出版&配信停止で手打ちくらいでよかったような...

 やっても、アニメ放送中止くらいまでかなー。
 出版停止というか実質的に絶版コースはさすがにやり過ぎ。
 そこまでやるなら、HJはもうちょっと具体的な説明をプリーズ。
 今の状態だと騒ぎになったので、とりあえず切り捨てたという風にしか見えないという...


 ◆


 でも、今回の件は発端と着地点が不味い。


 発端 → 作中で中国へのヘイト要素があったんじゃね? という疑惑
 着地点 → 作品どころか作者生命が死亡レベル


 これ、ラノベ系出版社が中国・韓国などの要素を自主規制していく流れが出来そうで怖いんだよなー。
 ちょっとでも悪く書くと過去発言まで調べ上げられて炎上……みたいな?
 今のなろうだと、現代ダンジョン系でダンジョン発生から東アジアがアレな流れで壊滅するテンプレが自然消滅していくと予想。
 そのうちヘイト要素はうんぬんと、なろうの利用規約にもハッキリと追加される可能性も(既にある?)


 Y.A氏の「勇者の活躍はこれからだ」とか書籍化したばかりだけど、今回の余波で続刊が出ない可能性もありそうな?(日本を含むアジア方面をボロクソに書いているので


 ◆


 今回の件、
 ヘイト関連は自業自得だけど、やっぱり出版停止まで行くのは過剰反応が過ぎるかなー。


 ちょっと纏まりがなくなったけど、結構モヤっとする内容だったので頭の整理がてらに記事化。


関連記事
[ 2018/06/07 20:51 ] 適当な雑記 | TB(0) | CM(17)
18巻も出版しといて今更とかホビージャパンクソすぎでしょ
[ 2018/06/07 21:28 ] [ 編集 ]
韓国はともかく中国はかなり大きなアニメ市場を持ってるので
そこでの売り上げを考えると下手なことはできないんでしょう
とはいえそれはアニメに限った話で書籍の出版停止まで行くのはやりすぎかと思いますが
[ 2018/06/07 22:54 ] [ 編集 ]
時系列3の前後に内容を特定アジア向けに翻訳して煽ったのが居るのが問題かなぁ
疑惑の内容を確定にすり替えて紹介するっていう、捏造したまとめ作って拡散したっていうわざとの方の確信犯だよねこれっていう
今はアカ消して逃亡したらしいけど
これ日本国内に居たらアウトだわ
[ 2018/06/08 02:18 ] [ 編集 ]
ラノベは輸出で成り立ってる部分が割とあるから、二ヵ国から拒絶されるような書籍なんざそら出版社もお断りよ
[ 2018/06/08 02:28 ] [ 編集 ]
超人気作品を何本も書いてる大先生ならともかく、雑多な一作者ならそら出版社は切るでしょうね。
差別主義者擁護の差別主義出版社なんて海の向こうのお客様方に思われたら致命傷ですから。
[ 2018/06/08 02:41 ] [ 編集 ]
出版の方はアレですがアニメ化の方については中国市場での仕込みとして現地にライセンス売って翻訳配信やってたみたいなんですよね。異世界スマホが評判は悪いもののアニメも原作小説も結構PV稼いだんで二匹目のドジョウ狙っていたのかなと。

それからここ半年ばかり、中国で日本アニメは通報炎上祭りで配信中止作品が各サイトに出ていたりもする上に、現地では各動画サイトがライバル動画サイトの足引っ張ろうとしての動きだという説も出ていたりします。(日本と違って中国は実例があり過ぎるので信憑性が出てしまうのが)
そこからの大炎上なんで、中国市場での刺した刺されたの結果というのも疑いたくなってしまったり。
いやホント、中国はステマ合戦が露骨な上に足引っ張ってやろうと火を付けたら業界全体規模に炎上しちゃったケースが珍しくないんですよ・・・
[ 2018/06/08 05:38 ] [ 編集 ]
4、5年前の事実無根とは言い難い事の発現で宣伝費用や作者生命を叩き折られるんだなぁ
特定アジアについて書くと作者生命が終わるという嫌な前例が出来ちまった
というか御翻訳してる方や脅迫してる奴等がヘイト投稿じゃねーのこれ
[ 2018/06/08 08:11 ] [ 編集 ]
騒動になった作者の作品を切り捨てることの何が悪いんでしょうか?
出版社に作者を守る義務などありません。
リスクとリターン、メリットとデメリットが釣り合わなくなったら切り捨てられる。
当然の話では?
[ 2018/06/08 08:26 ] [ 編集 ]
日本やアメリカに対してのヘイトはTVでも日常茶飯事。中韓だけ特別対応している時点で言論弾圧。
日本やアメリカに対してのヘイトにも対応したならともかく、これではね。
 言論の自由とか高説を言い出す出版社がやっては自殺みたいなもんだよ。 中国や韓国のファンタジー歴史に合わない文章は書かないと宣言するようなもんだ。
[ 2018/06/08 11:01 ] [ 編集 ]
リスクがあるからヘイト撒き散らさない方がいいよってだけだよTwitterなんて世界中に発信してるんだから
[ 2018/06/08 16:26 ] [ 編集 ]
>騒動になった作者の作品を切り捨てることの何が悪いんでしょうか?
>出版社に作者を守る義務などありません。
>リスクとリターン、メリットとデメリットが釣り合わなくなったら切り捨てられる。
>当然の話では?

こういう時は両方から見るべき
出版社側から見ればそうかもしれないけど作者側から見ればいざというときに助けてくれないところに所属するメリットが無い
デマだろうが何か騒動があったら即切り捨てますと宣言したようなものだから今後の新規作者獲得は絶望的と言っていいだろう
現状の損切りして未来の利益まで切った
単純な利益だけで見ればどちらが良いとも言えないが切り捨てるというマイナスイメージが付いた分この判断は良くなかったと個人的には思うね
[ 2018/06/08 18:32 ] [ 編集 ]
一番の被害者は絵師さんとコミカライズの漫画家さんだと思うんだが・・・
[ 2018/06/08 20:08 ] [ 編集 ]
作者のつぶやきの内容がひどすぎるから個人的にはアニメ中止+出版の打ち切りは妥当だと思ってる
ただホビージャパンはその理由を明言すべき
[ 2018/06/08 20:58 ] [ 編集 ]
他国を批判するにしても蔑称+猿呼ばわりは論外

絵師も面白半分でツイートを漁られてたが普通にいい人で逆に同情されてるし日ごろの言動は大切だわ
[ 2018/06/09 01:01 ] [ 編集 ]
出版社がどんな判断しようが、ワナビは誘われたらホイホイついていくよ
(複数から声がかかる程なら兎も角)
結局は出版社は使ってやってる側としか認識ないから、これから先も面倒事は切り捨てていくでしょ
[ 2018/06/09 11:43 ] [ 編集 ]
ワナビはフェザー文庫にすら引っかかるんだから出版社を選ぶとかいう発想ないよ
[ 2018/06/09 16:28 ] [ 編集 ]
流れとしては、発売してない中国で嘘コラが流れてプチ炎上、ソンミが嘘を事実として翻訳して炎上加速、さらに過去のツイート掘り出して(デビュー前)大炎上。
これを受けて声優に殺害予告、声優降板、アニメ中止、出版停止。

わきが甘かったのは確かだが、はっきり言ってしまえばやりすぎなんてレベルじゃない。
[ 2018/06/10 18:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

スポンサードリンク
人気ページ
ブログパーツ
Twitter