まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

ゴブリンの勇者【ファンタジー/人外主人公】


 
ゴブリンの勇者  作者:神虎斉

翡翠の迷宮と呼ばれるダンジョンの第二階層には一体のユニークモンスターが存在していた。最弱の魔物とも呼ばれるゴブリンの特殊個体であるそのモンスターは他のゴブリン達よりも少しだけ強く、少しだけ考える力を持っていた。
ある日名も無きゴブリンは理性を本能に塗り潰されながら一人の人間を殺すことに成功する、その人間とは謀略の末に死の縁にまで追い込まれた勇者であった。勇者を殺し莫大な経験値を獲得し考えることが出来るだけの知力を手に入れたゴブリンは、勇者が持っていた無限収納(インベントリア)を腰に携えて迷宮の底へと潜って行く。自らを追い立ててきた人間の強さを学びとるために、誰からも殺されない強者となるために。


 オススメ度 ★★★★
 キーワード ファンタジー 人外主人公




 勇者(瀕死)を倒したゴブリンが最強を目指してみる系。
 ゴブリンが試行錯誤しながら、泥臭くも、着実に実力を付けていくのが面白い作品かなー。
 マイルールというかゴブリンの独特な価値観がいいアクセント。

 強くなる、と目標を定めて一直線に動いていく感じがかなり良かったり?

 ただ、文章の行間が詰まり過ぎてるのは残念。
 もうちょっとスペースを入れるなり、改行を入れるなりして欲しいところ。
 今の状態だと読んでて面白いけど、無駄に疲れるという...


関連記事
ドラゴンに挑む辺りからブレまくってきたなー
[ 2018/07/19 10:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter