まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

お忍びスローライフを送りたい元英雄、家庭教師はじめました【ファンタジー/完結済み】


 
お忍びスローライフを送りたい元英雄、家庭教師はじめました  作者:二時間チャージ十秒キープ/伊垣久大

英雄セバルト・リーツは魔物達の支配者を倒した直後、気付くと平和な町にいた。そこでセバルトは330年もの時が経っていることに気付く。これまで戦いにまみれた殺伐とした人生を送ってきたので、セバルトは新たな未来では自分の正体を隠し、かつて身につけた力や知識、古代の物品を利用してお忍びで平和なスローライフを送ろうと決意する。そしてまた、そんな生活に邪魔が入らないよう、人々の危機を救う英雄を育てるため、落ちこぼれの賢者の子や、英雄志望の家族の子孫などに家庭教師をしていく。☆書籍化決定しました。カドカワBOOKS様から1月10日に刊行されました。(旧題:お忍びスローライフ希望します(30代男性/最強の家庭教師/前職:英雄))


 オススメ度 ★★★
 キーワード ファンタジー タイムスリップ(未来)  完結(36万字)




 魔王を倒した際の影響で300年ほど未来に飛ばされた大英雄。
 未来は平和だったせいか、過去に比べて戦闘技術や魔法が劣化したり失伝していたり。
 スローライフを送りたい大英雄は、
 何かあった時のため自分の身代わり役として複数人の弟子を育て始めるが――
 




 過去の大英雄が正体を隠しながら弟子を育成系。
 ぬるい空気でサラッと過去の技術や戦闘力SUGEEEEしているのが売りかなー。
 イージーモード的なノリで、サクサク進むのもいい感じ。

 ただ、なんというか全体的に……無難? パンチが弱い?

 終盤というかラスボスが肩透かしなのが残念。
 イベントの盛り上がりに欠ける点/設定が活かしきれてなかった点も残念...



.
関連記事
普通に考えて、平和な時代なら、戦闘巧者は減るだろうけど、むしろ大体の技術は発展するんだよな。一般に言われているのは戦争が技術進化を加速するというので、あって平和な時代に進化しないわけがない。なお、この論も結構反論がある。局所的には正しいけど、全体で見るとむしろ発展が遅滞したとかね。
ついでに、こういうので誰も触れないけど、300年もたつと同じ国でも、普通言葉が通じないぞ。日本でも古語レベルだし、英語とか他の言語でも通じないのが一般的だ。
[ 2018/10/09 13:15 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter