まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

鎌倉武士は異世界へ 〜武士道とは鬼畜道と見つけたり〜【ファンタジー/転移】


 
鎌倉武士は異世界へ 〜武士道とは鬼畜道と見つけたり〜  作者:くらんくしゃふと

鎌倉武士、それを端的に表す言葉は『蛮族』である。

彼らは自宅の庭に生首を絶やさず、夏は川で魚を捕り、秋は山に入りて人を狩る

ーーー そして、至極真っ当なもののふ系蛮族である鎌倉武士の一人、白石矢三郎経久は異世界とか剣と魔法の世界だとかいう何だかよくわからん世界に来てしまった。

ここでも矢三郎は鎌倉武士スタイルを貫き生きていく。

……周囲をドン引きさせながら。

※異世界ものですが、歴史要素てんこ盛りすぎるので歴史カテゴリにさせて頂きました。


 オススメ度 ★★★★
 キーワード ファンタジー 転移 歴史 蛮族




 鎌倉武士が異世界に迷い込んで自分ルールで大暴れ。
 もののふSUGEEEEEというよりヒャッハー! してる蛮族っぷりを楽しむ系かなー。
 かなりのキ○ガイ思考なのに、綺麗に物事が回っていってるのもいい感じ。

 ぶっちゃけ……主人公を2、3割増しで蛮族化したドリフターズのイメージ。

 更新速度はちょっとゆったりめ。
 ただ前書きと後書き、雑学的なところが徐々にくどくなってるのが惜しい。


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter