まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

「リアデイルの大地にて」が書籍化!【雑記】


 
リアデイルの大地にて  作者:Ceez

事故で半身不随となった“各務桂菜”は、ある日停電により死んでしまい、直前まで遊んでいたオンラインゲームの世界へ。 目覚めてみればゲームをしていた時代より更に200年後? とりあえず生きていく為には何を成さねばならないのか。 ゲームだった世界で、手探りで進む彼女の前に立ち塞がる者は!?
 ※KADOKAWA様から1月に刊行予定です。
(※2016年現在続編にあたる『砂塵の向こう側にて』を連載中です。


 
 6年ほど前に完結した「リアデイルの大地にて」の書籍化が決定(ソース:活動報告


 当時はたしか今ほどVRMMOものがなく、結構人気があった作品。(今でも累計ランキング入りしている)
 序盤は「お?」となって、中盤あたりから「あれ?」となり、終盤で「あー」となった記憶。
 古い作品に焦点が当たるのは嬉しいけど、 最近の作品と比べて目新しさがあるかというとちょっと微妙?


 なろうから書籍化ラッシュの初期のほうで、書籍化できていれば結構当たってたかも?


関連記事
[ 2018/10/28 20:29 ] 適当な雑記 | TB(0) | CM(4)
今さらと言うか
出版社側からするとめぼしい作品の枯渇って事ですかね。
[ 2018/10/28 23:14 ] [ 編集 ]
リアデイルは途中からリアル世界もスキルとかあるファンタジー世界だったということが明かされて
ごうごうに非難されてたな。
今の粗製乱造状況なら珍しくはないんだろうな
[ 2018/10/29 00:44 ] [ 編集 ]
盗作した作者を擁護した時点で切ったから、そんな展開とは知らんかったが、
そんな設定なら盗作擁護してなくても切ってただろうし結果的に良かったわ。
[ 2018/10/29 17:52 ] [ 編集 ]
当時だから許されてた作品の筆頭だよな
今更本にしたところで誰が読むんだか
[ 2018/10/30 18:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter