まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

飯マズな超未来で俺はルネサンスに励む【SF/転生/ロストテクノロジー復活】


 
飯マズな超未来で俺はルネサンスに励む  作者:バトウスキー

文化復興運動 通称「ルネサンス」
それは、古代人類が築き上げたローマ帝国を叩き壊し、暗黒の時代中世ヨーロッパに突入したヨーロッパにおいて行われた、失われた文化の復興を目指た復興活動のことである。
ルネサンス時代において、人類は文化の復興だけでなく新たな自然科学を見出し、古き迷信めいた思想を破棄し新たな時代へと飛翔した。
そして、人類は重工業時代を抜け、IT時代を抜け、遂に宇宙時代へと飛び出したのだった。
それから幾星霜。
しかし、いかに人類は科学的に進歩してとしても、人類の根幹は変わることは無かった。

進歩の陰に退化あり。

旧世紀より培ってきた数々の文化は既に失われて久しくなってしまった。
人類の生活は単調になり、ただ機械の言う通りに生活するだけとなってしまったのだ。
そんな状況を打破すべく一人の人間が立ち上がった。

「スペオペだー!!宇宙開拓史の幕開けジャーい」

5年後
 
「何がスペオペだ。飯作んぞ!米炊くぞ!!え?米無いの?麦ないの?穀物って何?って、マジで!?」
頑張れ
名も無き転生者よ
宇宙の未来はお前の肩に掛かっている。
この物語は遥か未来において科学が進みすぎてしまった故に人類が忘れてしまった古き良き文化を主人公が悪戦苦闘しながら、時には尊敬され、時には変な目で見られ、時には変態に思われながら全力で復興させていく物語です。そして、復活した文化が火種になり企業間競争が起き、果ては宇宙戦争にまで!?
どうなるかは主人公次第。主人公の活躍是非ご覧ください。


 オススメ度 ★★★ →
 キーワード SF スペースオペラ 内政? 転生




 料理が滅んだ宇宙時代で、料理の復活&普及を目指す系。
 完全にコンセプト勝ちかなー。
 幼児SUGEEEEしている理由や舞台背景などしっかりとSFしているのもいい感じ。

 植物(野菜)探しや育成あたりからが本番になりそうな?(たぶん次の章

 なろうのノリが強いので、SFが苦手でも案外読めるハズ。
 ただ、ちょっとスロースタート気味というか本題までがゆっくりなのが惜しい。


関連記事
[ 2019/01/08 01:06 ] オリジナル小説 SF | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter