まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

ハーフエルフに転生したけど長命で暇を持て余しそうなので、異世界文明に革命を興すことにしました。【ファンタジー/転生】


 
ハーフエルフに転生したけど長命で暇を持て余しそうなので、異世界文明に革命を興すことにしました。  作者:さきばめ

 凡人な俺は気がつけば特別な能力も与えられることなく、長命種として異世界転生していた。
 そうして疑問に思う。娯楽の乏しい異世界で、俺は何百年も生きていけるのだろうかと。

 退屈に殺されるくらいなら――現代知識を使って、地球を越える超弩級文明を作ろうじゃないか。
 しかし未知満ちた未来への野望を成すには、世界を回していくには俺一人ではとても無理だ。

 魔術で、科学で、文化で、宗教で、外交で、そして武力で。
 手段を選んで異世界を巻き込み、ありとあらゆる進化と発展を促していくのだ。

 自分は神様でも魔王でも勇者でも英雄でも、加護もなければ天才でもない。
 だからこそ俺なりの方法で世界を駆け成り上がり、新たなこの長き人生を存分に謳歌してやるのだと。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード ファンタジー 転生  





 ハーフエルフ(転生者)が長期計画で、異世界文化開花を狙う系。



 人買いに売られて、宗教集団に洗脳ルートからスタート。
 異世界にじわじわと現代知識を浸透させて、仲間や革命の土台を作っていくのがいい感じかなー。
 科学知識を混ぜた魔法や戦闘も地味に売り。

 なんといか……コンセプト勝ち?

 ただ、魅せ場や山場はもう少し盛り上げて欲しかった感も(パンチが弱い)





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter