まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

【なろう】魔物の国と裁縫使い~ブラック王国の裁縫師はホワイトな魔王国で注目されています。【ファンタジー】


 
魔物の国と裁縫使い~ブラック王国の裁縫師はホワイトな魔王国で注目されています。 作者:今際ノキワ aka.necodeth

 あらゆる素材を裁断、縫合する工芸用魔法、裁縫術の使い手カルロは不可侵領域である氷の森の生け贄にされた。氷の森の氷獣の餌食となりかけた彼を救ったのは、腹痛で墜落してきた震天狼(バスターウルフ)の少女ルフィオ。
 腹痛の原因だった寄生虫を裁縫術で摘出した結果、ルフィオに懐かれたカルロはルフィオが所属する魔物の国アスガルに注目され、アスガルから針仕事を請け負うようになる。
 人間の世界では手に入らない素材、それと報酬によって花開いた圧倒的な『裁縫力』が火を噴いて、周囲を幸せにしたり争奪戦を起こさせたりしていく物語。


 オススメ度 ★★★ → 
 キーワード ファンタジー




 狼少女に救われた裁縫職人が、魔物の国で裁縫の腕SUGEEEする系。
 最強クラスの狼にじゃれつかれながらの、ほのぼのスローライフ感が売り。
 と、見せかけて
 魔物同士の戦闘やひと工夫している世界観がなかなかにいい感じだったり。

 けど、話はじっくりと右上がりになっているものの、微妙に盛り上がりに欠ける?
 
 なんというか……ハッチャケが足りない?
 全般的に素材がいいだけに、惜しい。


 ◇

 これ、この世界観で戦闘系主人公の話とかも普通に見てみたい感が。





関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
Twitter