まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

【なろう】人類が増えすぎたので減らしてほしいと頼まれました【現代/SF】


 
人類が増えすぎたので減らしてほしいと頼まれました 作者:にゃんきち

 シミュレーション仮説―― この世界が誰かのコンピュータの上で動いているシミュレーションプログラムではないかという仮説。それはどうやら本当だったらしい。
 人工知能エンジニアの俺は納期間近のデスマーチ中、この世界シミュレータを動かしているコンピュータの持ち主に呼び出され、世界の成り立ちと、彼が動かしているシミュレータの中で人類が彼のコンピュータのリソースを限界近くまで食いつぶしつつあることを告げられる。
 俺は、その原因たる人類を減らして欲しいという依頼を受けた。受けなければ更なる受難が地球人類に降りかかるらしい。
※ 2019/06/15 本編完結しました。以後は外伝を書いていく予定です。


 オススメ度 ★★★★
 キーワード 現代 SF 完結済み(82万字)




 上位存在にチートと課題を押し付けられ、人類を間引くことになっちゃった現代SFもの。
 チートでサクっと殺るわけではなく、地味な行動とちょっとしたチートでじわじわとバタフライ効果的に人類を減らしていくのを楽しむスタイル。
 現代でサクサク成り上がった主人公が、社長業をやりつつ、気ままに動いていのもいい感じ。

 スローライフ系の雰囲気を漂わせながらも、しっかり人類を間引いていくギャップ感が良かったり?

 世界全土を飛び回り、幅広いジャンルの引き出しがあるのも地味に売り。

 ◇

 完結補正を入れて、微妙に★5と迷った作品。

 ◇


 ただ、危機管理意識ぃぃぃいいいい!!!

 とツッコミを入れたくなる場所は多々。
 プログラム系の用語や専門用語は、雰囲気の流し読みで大丈夫なハズ。

 
関連記事
[ 2019/06/20 05:42 ] オリジナル小説 SF | TB(0) | CM(5)
>危機管理意識ぃぃぃいいいい!!!
初っ端とクライマックスのアホさっぷりはちょっと酷いですよね
ただ夜神月ですら危機管理はずさんだったからそこは仕方ないのかも
[ 2019/06/20 10:17 ] [ 編集 ]
再帰的シミュレーテッドリアリティの範疇を最後まで抜け出せなかった
想定されるオチを1ミリも外さず終わったというかどこかで見たことありすぎる…
序盤の試行錯誤しつつ結構むちゃくちゃやってた頃が一番おもろい
[ 2019/06/21 04:32 ] [ 編集 ]
人類をいろいろな手段で減らすことが面白かったのであって、それ以外は凡作未満かなって……
[ 2019/06/21 08:23 ] [ 編集 ]
序盤から中盤にかけてはおもしろかった
それ以降はちょっと微妙
[ 2019/06/21 10:28 ] [ 編集 ]
人類を減らしているから面白かったのに減らさなくなったのはクソ
終盤ダレるし期待を裏切られたわ
[ 2019/06/21 23:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter