まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

ゴールデンフリーザ様(映画感想・雑記


 
 ↑ 入場者特典の配布冊子の目次


 ゴールデンフリーザ様の映画(ドラゴンボールZ 復活の「F」)を見てきたので、ちょっと感想を。
 

良かった点
 ・フリーザが敵だったこと
 ・戦闘シーンが大半だったこと


悪かった点
 ・全体的にBGMのセンスがいまいち
 ・EDがテロップ&ダイジェスト映像
 ・パワーバランスが完全崩壊

 ・悟空とフリーザの性格が結構変わってる?


 ・青髪サイヤ人とジャージ悟飯がださい。



 前回の神と神に比べて、戦闘シーンはかなり多めだったので見応えはあった。
 クウラやブロリー、人造人間戦と比べて、死闘というよりはどことなく組手のようなノリがあり、緊張感は少なめ。


 戦闘力のあれこれを気にせず、ドラゴンボールのキャラの戦闘を楽しみたいって人は面白いんじゃないかなー。


 戦闘力関連や細かい設定とか気になる人には、ちょっときついかも?




 結論
 アクションに力を入れすぎて、話の中身はスカスカでオチがかなり酷かったけど、フリーザが大画面で動き回って戦闘してただけで結構満足だったり。




  
  ドラゴンボールZ 神と神 特別限定版(初回生産限定) [Blu-ray]





 以降はネタバレありなので続きを読むで








 ネタバレありで

  1429455169.jpg
 ↑ 入場者特典の配布冊子の一部

良かった点
 ・クリリンの正当な活躍とハゲ頭復活。
  劇場版では案外、不遇な扱いを受けていたクリリンが今作では雑魚相手だけどきっちり活躍していたこと。あとクリリンといえばやっぱハゲ頭だわ。
 ・フリーザの復活シーン
  挿入歌(OP?)の出だしが少し早かった気もするが、フリーザを連呼するサビ部分でフリーザが復活して、なかなかにいい迫力が。
 ・悟天・ヤムチャの排除
  オールスターにせず、ある程度キャラを絞ってくれたので見やすかった。シリアスブレイカーのチビ2人が居なかったことも大きい。けど、トランクスはフリーザに関係してるんだから出しても良かったと思う今日この頃。
 ・ジャコの戦闘シーン
  ふざけた態度といちいち決めるポーズがアニメになると案外良かった感じ
 ・ゴールデンフリーザ
  なんとなく...?
 ・最初と最後の天使がガっちゃんっぽい


悪かった点
 ・BGMのセンスがいまいち
  全体的に軽めのBGMが多かったのかな? なんとなく無難どころなBGMにして滑ってた印象。


 ・EDがテロップ&ダイジェスト映像
  モモクロの力の抜ける曲に合わせて、左でダイジェスト映像、右でテロップ。ドラゴンボールなんだから、もっと影山とかチョイスしてくれよ...。


 ・戦闘バランスが完全崩壊
  ヤムチャは足手まといと置いてきた癖に、亀仙人が前線でフリーザ軍の兵士と乱闘。
  クリリンは武空術中に木にぶつかっただけで大ダメージ。
  天津飯は...特になし?
  ピッコロは何故かザーボン・ドドリア級の敵と互角。修行してた結果、弱体化してるよ絶対。
  悟飯は...。


 ・戦闘で悟空が何度も地球崩壊級のエネルギー波を地球に向けて撃ってる
  上空から青サイヤ人の状態で地上に向けてかめはめ波とか、第三形態のフリーザで軽く地球を破壊してるのに、悟空のだと確実に何度も崩壊してるだろコレ


 ・悟空とフリーザの性格が結構変わってる?
  悟空がやたら慢心してたり、フリーザが妙に小物ぽかったり...
  悟空の性格が変わったというより、脚本のせいで性格が無理矢理ねじ曲がってるような?
  フリーザはビルスとの下りの会話で一気に小物臭が出て、敵としての格が一気に落ちた感じ。


 ・青髪サイヤ人とジャージ悟飯がださい。
  サイヤ人は無難にゴッド状態の赤髪か初心に戻って金色で良かったんじゃね? 青髪は画面でもいまいち映えてなかった。
 あと急なことで胴着が見つからなかったという理由で悟飯がジャージで参戦。うん、ないわー。

 ・ジャコの登場
  ジャコ自体はいいキャラなんだけど、読み切りのを唐突に持ってこられてもなー。

 ・モモクロ
  ED曲もだが、劇場特典で貰うモモクロのポストカード。誰得だよコレ。

 ももくろ

 ・入場者特典の配布冊子
  設定資料と少しのインタビューとシナリオ全部...せめてコミックの形式にするなら数ページでもいいから書き下ろしマンガを載せてくれよ

 

 うん、悪い点は言い出したらキリがない。
 悟空が光線銃だけで瀕死になったり、北の都が崩壊したままでドラゴンボールで復活だ!とかフォローが一切なかったり、悟空もベジータも筋肉がほっそりしてたり、いろいろ...



 結論
 昔のドラゴンボール映画とあいも変わらず、細かいとこは横に置いといてノリだけで楽しめ系の映画だった。



 これ以上ドラゴンボールを映画なり、アニメなりで続けるなら、声優をドラえもんみたいに総入れ替えしてフルリメイクして欲しいところ。そろそろ悟空の声が慣れと衰えの相乗効果で酷いところが多々...


 ※映画を見た感想を書き殴っているだけなので、いまいち纏まりがないけどご勘弁を
関連記事
[ 2015/04/20 01:04 ] 映画関連 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

スポンサードリンク
月別アーカイブ


Twitter