まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

【なろう】私には常識しか通用しません【ファンタジー/転移】


 
私には常識しか通用しません 作者:アンミン

アラフォー社畜である主人公は、異世界転移する事を神様から宣告されてしまう。それはどうやら神様の責任らしいので、転移前に好きな能力を授けると持ち掛けられるが、魔法やスキルをもらっても適応出来ないだろうとつっぱねる。なおも食いつく神様に注文したのは『自分の常識以外の事を起こさせない』もの。異世界において魔法やスキルを否定する彼の物語が今、始まる―――


 オススメ度 ★★★+
 キーワード ファンタジー 転移




 アラフォーおっさんの異世界転移もの。
 盛大に勘違いされつつも、異世界の街での生活に馴染んでいくのがいいかなー。
 冒険者で成り上がりに見せかけて、スローライフな日常感が強め。

 ファンタジーな世界でファンタジー(魔法・魔力)を否定するチートが面白い。

 チートをもうちょっと頻繁に活用すれば、一気に化けそうな?


 ◇


 ただ、肝心のチートの使用頻度が低すぎてありきたりな転移ものに収束してきてるのが残念。
 魔法ありきで発達してない設定とはいえ、異世界を下に置きすぎてるあたりも惜しい...



関連記事
設定見て、円環少女思い出したわ。円環のほうが完成度は圧倒的だけど、こう色んな意味で。
[ 2020/05/20 12:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

Twitter