まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

よいこの世界統一せんそう!【ファンタジー/転生】


 
よいこの世界統一せんそう! 作者:黒留ハガネ

辺境の小国ザヴィアー王国。その第十八王子ギルバードは前世の記憶を持つだけの一般下級王族だ。ギルバードは家族から虐げられコソコソのらくら生きていた。が、そこに突然現れる封印された美少女! 彼女は自分を王権《レガリア》だと言い、真の王、王の中の王に仕える力の象徴だと語った。その言葉通り、レガリアちゃんは絶大なウルトラパワーでギルバード以外の王族を一族郎党皆殺し、腐敗した貴族達も滅殺する。一夜にして内部に風穴が空いたボロボロの小国のトップに躍り出たギルバード! 前世で学級委員長もやりきれなかったギルバートに荒廃した国を治めろなんて無理無茶無謀! でも王は俺しかいねぇ! やるしかない! 反乱に戦争に、苦難の連続で王様稼業は楽じゃない。ああ、憧れの「良きにはからえ」生活はいつの日か。


 オススメ度 ★★★+ →
 キーワード ファンタジー 転生 戦記?




 第十八王子(転生者)が、王の象徴を手に入れたことで下剋上しちゃった系。
 王権《レガリア》のおかげで、どこかズレた内政チート持ち。
 この作者(※)さんはサクサク展開と、キャラの勢いと癖の強さが売りかなー。

 若干自棄になっている王様と、暴走しがちな宰相のコンビがいい味を出してくれそうな?

 ただネタが前に出過ぎて、戦記としては心配所。


 ◇


 ※「世界の闇と戦う秘密結社が無いから作った(半ギレ)」の作者さん
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ


Twitter