まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~【歴史/転生】


 
魯鈍の人(ロドンノヒト) ~信長の弟、信秀の十男と言われて~ 作者:牛一

気が付くと戦国時代?
人間万事塞翁が馬が座右の銘な魯鈍な人は戸惑った。
生活は最低・最悪。
それでもこの世界ではマシな部類という。
織田信照は信秀の10男だ。
10男って、がんばり過ぎでしょう。
もうギャグでしかない。

信秀の子と言えば、第6天魔王の弟という恐怖なポジションだ。
魔王と対峙しながら魯鈍な人は生活改善にひた走る。
天下静謐を目指す信長とのんびりと暮らしたい魯鈍の人はやっていけるのだろうか?
美男子カップルが取り成す、戦国コミカルのはじまりだ。


 オススメ度 ★★★
 キーワード 歴史 戦国 転生  




 魯鈍:愚かで頭の働きが鈍いこと



 細かいところは気にせず、流れを楽しむ転生もの。
 銭を稼いで、銭で暗躍するスタイル。
 信長がやたらと主人公に振り回されてるのがいい味を出してるかなー。

 戦も内政も、ノリとテンポ重視でサクサクと進むのが売り。

 ちょいちょいある舌戦もなかなかに良かったり?


 ◇


 けど一文一文が短く、あっさりし過ぎ。
 そしてやっぱりいろいろと大雑把過ぎ。
関連記事
[ 2020/08/06 01:11 ] オリジナル小説 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

スポンサードリンク
月別アーカイブ


Twitter