まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

【まとめ】2月に紹介した小説ベスト5 【2021】


<2月に紹介した小説ベスト5>





 恒例のベスト5。
 3月はいつも以上に更新時間が不安定になりそうな?
 (2時までに更新がなければ、朝方更新の可能性が高め)




<なろう>
 最近はハイファンで、長編転生もの(未完結)を漁り中。
 けど、5万字も読めずにギブアップすることが多々。
 掘り下げがほぼないか、掘り下げすぎて話が進まないか、でちょうどいい具合のがスコップできていなかったり...




 続・魔法科高校の劣等生 メイジアン・カンパニー(2)
 理想のヒモ生活(11)  コミック版
 まちカドまぞく 6巻




・この世界のヤベー奴らは大体みんな俺の弟子  完結済み(10.4万字)
 (なろう)(紹介ページ

一度は世界征服を果たした最強の魔王は言った。私の師は私と比べ物にならないほど強いと。
魔王を倒した偉大な勇者は、全ての力は彼に授けられたと語った。
一説にはその人物は裏社会で畏れられる謎めいた暗殺ギルドの設立にも関わっているという。
長きに渡る大陸の戦乱を納めてのけた皇帝の影にはその男の姿があったとまことしやかに囁かれる。
つまり全部俺の事だ。かつて神々と肩を並べて宇宙人の侵略を撃退した、神話の終わりを結ぶ最強無敵の人間にかかれば最強の弟子乱造もちょちょいのちょいさ。
さあ、このファンタジーな世界で最強の弟子を育て、宇宙人の再侵攻に備えろッ!!!(再侵攻はない)



 エイリアンと相打ちになってゴースト化した主人公。
 宇宙からの再度の進行に備えて弟子を育てたら、弟子がどれもこれも規格外になっちゃった系。

 魂魄の強さを基にした戦闘力や時間経過のスケールなど、全体的に設定が上手いかな―。

 文庫本一冊程度の量でサックリと完結したのもいい具合。



・最強の女傭兵 近未来でスポーツ美少女となる
 (なろう)(紹介ページ

世界中が戦争に明け暮れた時代。
各国の特殊部隊から恐れられ
『最強の女傭兵』と呼ばれた女性が居た。
数々の伝説を残した彼女だったが
身体を酷使し過ぎたせいで、早々に寿命を迎え永遠の眠りにつく。

だが彼女は、再び目を覚ますことになる。
そう、彼女は記憶を持ったまま転生してしまった。
明らかに進んだ近未来の世界に戸惑いながらも成長する彼女。
平和な世界では、傭兵であった彼女の知識や技術など不要。
一体何のために生まれ変わったのか?と疑問を持つ彼女。
そんな時、彼女は1つの近未来スポーツに出会う。

-LEGEND-
全世界が熱狂するVRゲームであり
10VS10で行われる疑似戦争。
このゲームに出会ったことにより、彼女の第二の人生は
劇的な変化を遂げることになる。



 10対10のポイント争奪サバイバルゲーム(VR)でやりたい放題やる系。
 

 元傭兵な女学生の無双もの。
 意表をつく戦闘スタイルで、サクサクと試合をこなすスタイル。
 少しずつスポ根のノリが強めに?


 ◇

 ただ主人公がチームプレイ優先で抑えめプレイするあたりは賛否両論。


・鋳造の採石者 【オリジナル】
 (ハーメルン)(紹介ページ

人類の文明は迷宮鉱脈に支えられていた。不可欠の資源『魔石』を求め、採石者たちは迷宮に挑む。

その魔石の最高峰『純粋結晶』は、魔力そのものが物質化するほどに凝縮された力の源泉である。これを加工して作られた武器は天下無双の神通力を宿すという。

これは幻の魔石を手に入れた少年と、その後の物語。



 最上級の魔石をきっかけに、奴隷が成り上がっていく系。
 採掘がメインの近代ファンタジー。
 クリーチャー系のモンスターが多めで、雑多な空気感がいい具合。


 ちょっとシビアな世界観。


・転生中世英国貴族は救いを望む(仮題)  【歴史/type-moon】 完結済み(6万字)
 (ハーメルン)(紹介ページ)  

何故か中世イングランドの貴族として転生したオリ主。
異端、略奪、殺戮、疫病…人の命が驚く程軽かった時代を生きていこうとした。
そんな彼が人生で色々な人と関わって歴史に名を残すお話。



 中世イングランドの貴族に転生。
 現在(前世)の価値観を引きずったまま、中世という時代に向き合っていく系。
 歳を重ねるごとに主人公がいい味を出していくスタイル。


 主人公の魅せ方が上手い作品かなー。



・東京都立呪術高等専門学校二年転校生早川那由多  【呪術廻戦×チェンソーマン】  完結済み(22.5万字)
 (ハーメルン)(紹介ページ)  

単行本未収録分の本誌のネタバレしかないです。
呪術ベースの世界観クロスオーバー。
ナユタが高専に通う話です。保護者デンジもいます。


公安編(1997年)→学生編→→→→→→→→ナユタ女子高校生編(2006年) →→→→→→→→→→→→→純愛編(2017年)



 ある種、チェンソーマンのアフターエピソード。
 次の支配の悪魔の『ナユタ』が高専に通ったり(五条や夏油と同世代)、デンジがいろいろ大人として動いたり。
 
 正直、違和感が行方不明レベルなハイクオリティ。

 ラストは「らしい」といえば「らしい」けど、なかなかに衝撃だったり?


関連記事
[ 2021/03/01 02:01 ] 月末のベスト5 | TB(0) | CM(2)
英国のやつ、紹介文がコスプレのやつになってるっすよー
[ 2021/03/01 12:42 ] [ 編集 ]
速攻で修正しました
[ 2021/03/01 13:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

月別アーカイブ


Twitter