まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

異世界でスプーン曲げの超能力を使った結果、色々と深読みされてしまっている件 【ファンタジー/転移/勘違い】


 
異世界でスプーン曲げの超能力を使った結果、色々と深読みされてしまっている件 作者:ランサード

 発展した科学でも解明できない力――超能力。
 スプーンを曲げる程度の『超能力』を持っていた主人公だが、トラックの暴走を止めることはできず異世界転生を果たしてしまった。

 夢も志も特になかった少年は、とりあえず現地の住民にその超能力を披露してお金を稼ぐことにした。
 しかし、彼は大きな勘違いをしていた。その超能力は魔法の英智を持ってしても解明できない力で――

 ――彼の超能力の正体を確かめるべく、騎士団や貴族、果ては悪の組織や国さえ巻き込んで様々な組織が『スプーンを曲げる程度の超能力』のために奔走し始めたのである。
 ……スプーン曲げしかできない能力なのに。

 勘違いが更なる勘違いを呼ぶ、深読み異世界ファンタジーが開幕する。

 カクヨム版もよろしくお願いします!↓
https://kakuyomu.jp/works/16817330654246136635


 オススメ度 ★★★ →
 キーワード ファンタジー 勘違い 転移 ハーメルン



 スプーン曲げに特化した超能力者が、ファンタジー世界に迷い込んじゃった系。
 特殊能力が追加されるわけでもなく、身体能力が上がるわけでもなく、

 ――スプーンを曲げるだけ

 それを魔力を使わずに曲げてる!と周囲が勝手に勘違い。盛大に深読み。無駄にスケールのでかい話になっていくのがいい感じかなー。
 呑気に異世界生活を堪能している主人公と、周囲が微妙にすれ違っている感もグッド。
 そしてなんだかんだで度胸があるせいで、更にひどい状況が出来上がっていくという(褒め





 ただストーリーのメリハリが弱めなせいか、勘違いものにしてはちょっとインパクトが弱い?

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
カテゴリ

openclose