まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

少し冷めた村人少年の冒険記 【ファンタジー/転生】


 
少し冷めた村人少年の冒険記 作者:水野 精

 辺境の村に生まれた少年トーマ。実は日本でシステムエンジニアとして働き、過労死した三十前の男の生まれ変わりだった。
 トーマの家は貧しい農家で、神から授かった能力も、村の人たちからは「はずれギフト」とさげすまれるわけの分からないものだった。
 優しい家族のために、自分の食い扶持を減らそうと家を出る決心をしたトーマは、唯一無二の相棒、「心の声」である<ナビ>とともに、未知の世界へと旅立つのであった。


 オススメ度 ★★★
 キーワード ファンタジー 転生



 先天的に与えられる「ギフト」と後天的に獲得できる「スキル」があるファンタジー世界への転生もの。

 ギフト ナビ(脳内AI) を使って、マイペースに冒険者をやっていく系。

 基本は経験値2倍で育てたステータスでゴリ押しできる感じかなー。
 優秀なナビがあるので、冒険も日常生活もイージーモード気味。
 「はずれギフト」や「冷めた」うんぬんが村の中の極一部でしか活きていないあたり、いろいろと惜しい...


関連記事
あらすじで「食い扶持を減らそうと家を出る」とあるけど家を出る前に村人が驚くようなモンスターを単独で倒す能力を身につけている
狩りも得意でモンスターから報酬となる魔石を得ているのに「食い扶持が」と家を出る動機がわからない
作中の描写のように家族に感謝しているならむしろ家に貢献しつつ自分の生活環境も改善したほうがみんなハッピーなのでは
[ 2023/05/26 15:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
カテゴリ

openclose