まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

俺ーLINKS! ~脳内会議のメンバー達が、並行世界の俺自身だった件~ <1章完> 【現代/(ファンタジー/SF/終末世界)】


 
俺ーLINKS! ~脳内会議のメンバー達が、並行世界の俺自身だった件~ <1章完> 作者:Mr.ティン

ごく普通の少年「桜井夕」は、昔から耳鳴りや幻聴のような微かな声に悩まされてきた。
しかし、ある時それらがはっきりと聞こえるようになり、それが並行世界の自分自身の心の声だと判明する。

一人目は、神秘に満ちた世界で、魔術師の卵として寄宿学校で学ぶ『ファンタ』こと『僕』の『ユウ』。
二人目は、前世紀終わりに終末戦争によって滅亡した世界で、サバイバーとして生きる【ポスアポ】こと【ボク】の【ゆう】。
三人目は、科学技術が発達した代わりに環境破壊が酷い世界で、裏社会に潜む[サイパン]こと[オレ]の[U]。
そして、現代日本に生きる、「俺」こと、「コモン」の「夕」。

それをお互いに理解した4人の”ゆう”達は、互いに協力し合う事に決めた。
ファンタジー世界な『ユウ』は、様々な魔術のアイテムと魔術の技術を。
ポストアポカリプスな世界の【ゆう】は、銃器やサバイバルの技術に変異能力を。
サイバーパンク世界な[U]は、電脳化による情報処理や高度技術によるガジェットを
そして……平和な現代日本に生きる夕は、ファンタジー世界の魔術を経由しての、各”ゆう”への物資供給役として。

そうやってうまくやって来た”ゆう”達だが、ある時平和な現代に生きる「夕」も異変に巻き込まれる。
目の前で倒れ伏す同級生、そして目の前で今にも襲い掛かってきそうな人面犬。
平和で何の変哲もない「コモン」な世界だと思っていた世界は、裏では妖怪や迷宮がある伝奇世界で……?
同時に、何の変哲もない高校生だった「コモン」の「俺」にも秘密があって…?

これは、並行世界の自分に支えられながら、平和に見えて実は平和ではない世界を救う物語。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード 現代 ファンタジー/SF/終末世界 



 脳内で3つの並行世界の自分と駄弁りながら過ごす現代ファンタジーもの。

 各世界の自分と入れ替わったり、物資のやりとりをしたり――

 4人で脳内会議をこなしつつ、各自が当たり前のように協力して動いているのがいい感じかなー。
 全部自分だけど世界や年齢に幅があるので、微妙に違うverになっているのもいい具合。
 それぞれの世界で普通なことも、別世界で価値ががらっと切り替わるのも面白かったり。


 ある意味、自分だけで完結してるのがいいアクセントに?


 ただもうちょっと本筋をメインにしてほしい感はある。
(別世界までじっくりやるとコモン世界の話がいつまでも進まないので)

関連記事
[ 2024/02/17 02:27 ] オリジナル小説 現代 | TB(0) | CM(2)
脳内会話はそれぞれ「コモン」『ファンタジー』【ポストアポカリプス】[サイバーパンク]で括弧の種類で分かれているのでどれが誰の発言なのかわかりやすい

作中1日ごとに世界が変わるので話が進まない原因になっているけど区切りはつけてるのでまとめて読む分には気にならなかった
更新を追うようになると10話くらい間が開くのでこの世界の前回どんなんだっけ?ってなりそうではある
[ 2024/02/17 15:46 ] [ 編集 ]
1章はキャラ紹介の意味で仕方ないと思う
2章からコモンメインで他がサブ路線で行くならいいけど
このまま全員自分で全員主人公路線で行くならギブアップすると思う
[ 2024/02/17 16:24 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
カテゴリ

openclose