まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

【東京迷宮】長年引きニートだったおれが、家族に無理矢理迷連行されて迷宮前に捨てられた件。 東京迷宮_2015


 
長年引きニートだったおれが、家族に無理矢理迷連行されて迷宮前に捨てられた件。 東京迷宮_2015  作者:(=`ω´=)

戦後間もなく、東京周辺三十三カ所に突如出現した異空間。
〈こちら〉とは全く違う法則に支配された場所に繋がる「そこ」は〈不可知領域〉と命名され、いつしか〈迷宮〉と通称されるようになる。

それから半世紀以上が過ぎた現在、〈迷宮〉はレアな物質を採取するための場所として認知され、東京という都市の風景にすっかりとけ込んでいた。
それら〈迷宮〉に挑む探索者たちは、一攫千金を狙う者か、それともなんらかの理由で一般社会から弾かれた訳ありか。
とにかく、まともな人間が迷宮に入る例は少なかった。

今日もまた、中学時代に不登校になって以来、長らく自宅に引き込んで無為無産な生活を営んでいた少年が、家族に無理矢理連行されて、迷宮前に捨てられ、もはや帰る自宅はないと宣言される。
生き残るために、少年は否応なく迷宮の中に身を投じた。
 



 オススメ度 ★★★★
 キーワード 東京迷宮 現代 完結済み



 地味に面白かった作品が完結したのでご紹介。
(タイトルでスルーしてる人が多いかも?



 引き籠もりでニートな主人公が、家族に捨てられて、迷宮に連行されるところからスタート。
 生きていくために、半強制的に迷宮探索者にジョブチェンジ。
 様々な研修や訓練を受けながら、実直に一階層ずつ進んでいく主人公。
 スポンサーがついたり、スキルを覚えたり、ゆっくりだけど着実に成長していくことに――。
 



 淡々とした文章とストイックな性格の主人公が良い感じに噛み合ってる作品。
 会話が少なめで、じっくりと迷宮探索している感もグッド。
 ただ、淡々としすぎて話の起伏が少なかったのが残念かなー。

 文庫本1冊分くらいの文量で完結済みなので、シルバーウィークに読むのにちょうどオススメ。

 9月末から別主人公の東京迷宮シリーズが始まるようなので、ちょっと期待。
 ちなみに「トカゲといっしょ 」の作者の作品だったり。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter