まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

江戸前ダンジョン繁盛記!【歴史・ダンジョン】


 
江戸前ダンジョン繁盛記!  作者:ひさなぽぴー

「ボクの名前はクイン。ベラルモースっていう異世界から、ダンジョンマスターになってのんびりまったりするために地球にやってきた魔人さ。
 故郷じゃ古参たちが幅を利かせてて、新規参入が難しいダンジョン業界。異世界ならそうでもないだろって思ってやってきたんだ。それで、日本っていう国に来たんだけど……どうしよう、この異世界、ボクが思ってた以上にいいとこだ!
 女の子はかわいいし、ご飯もおいしい。ご飯に味噌汁、最高じゃん!? もはやこの国から離れられないよ! でも、ちょんまげだけは勘弁ね!
 え? そんな日本が、黒船来航で困ってる? 植民地化されちゃうかも?
 しょうがないなあ。魔法とダンジョンとモンスターで、ちょっくら日本を支援しちゃいますよ! ダンジョンエネルギーさえもらえれば、だけどね?」
米と味噌と醤油から離れられなくなった異世界人が幕末の日本でいろいろやらかすという、歴史ものの皮をかぶった超変則的なダンマスもの、ここに開演!

※幕末舞台ですが、薩長土肥の人間はあんまり出てこないどころかわりと否定する方向で動く予定です。該当地域の方、どうぞあしからず……。 



 オススメ度 ★★★+
 キーワード 異世界→地球  幕末 ダンジョン運営 人外主人公




 日刊ランキングからスコップ。
 けっこうな速度で日刊を駆け上がってるような?




 主人公は異世界からやってきた人外系ダンジョンマスター。
 初めは情報収集しつつ、甲斐でダンジョン運営。
 が、辺境すぎて人が碌に来ず、人の集まる江戸に行ってみることに。

 幕末の江戸で、ダンジョンマスターが平和的ダンジョン運営を目指して、いろいろと頑張っていく物語。




 歴史とダンジョン運営を掛け合わせたアイディア勝負系作品。
 じっくり丁寧に手探りで進む感じが良く、地の文も読みやすいのがグッド。
 いまいちなのは、丁寧やりすぎて話が文字数の割に進まないのと、話のメリハリが少ないところ。

 今後は、順応度が高い嫁と、幕府がダンジョンにどう対応するのかに期待かなー。

 発想勝ちと今後に期待で★4評価をしたいところだけど、10万字でやっと江戸前ダンジョンが設置されたところなので★3+。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter