まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

世界最悪の死霊術師は異世界に魂を求める【ダークファンタジー・微グロ】


 
世界最悪の死霊術師は異世界に魂を求める  作者:第616特別情報大隊

 生命の真理を追求し、何千万という人間を殺して、完璧な人工生命たるホムンクルスの創造を目指す世界最悪の死霊術師“椎葉古仙”。そして、それに仕える忠実なデュラハンの少女“雫”。
 ある日、彼らは異世界へと召喚された。
 彼らを呼び出したのは狂帝と恐れられる暴君。異世界に広がるは暴政と戦乱、そして魔王の脅威という混沌に満ちた血塗れの世界。
 古仙は己の求める答えのために、その世界に身を投じる。世界最悪の名に相応しい禁忌の力と共に。
 夥しい血の流れ、死体の山が築かれるダークファンタジーが始まる。 



 オススメ度 ★★★+
 キーワード 異世界召喚 ダーク? 微グロ R15




 なろうの日刊ランキングからスコップ。




 地球から異世界に召喚された死霊術師の『椎葉古仙』。
 召喚主の『狂帝』は『古仙』に怪物としての役割を望み、『古仙』は生命の真理を追求するために怪物として好き勝手振る舞っていくことに――。

 ※微グロ注意






 倫理観の狂った主人公が巻き起こすダークファンタジーもの。
 登場人物の半数以上がいい感じに、どこか狂っていてグッド。死霊術を使って淡々と敵対者を処分するのもいい感じ。
 でも、ダークファンタジーにしては緊張感がないというか空気感が軽いのが勿体ないかなー。

 過去作は全部完結済みになっている作者なので、エタる心配がないはず。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter