まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

勇者や、英雄では、ありません【召喚→逃亡】


 
勇者や、英雄では、ありません  作者:塔台 光生

病室で寝ていた筈なのに気付いたら異世界に召喚されていました。他にも二人一緒に召喚された様で一人は勇者、もう一人は英雄、しかし俺は一般的なクラスしか設定出来ない様です。それでも召喚主は驚いてくれましたが俺たちへの要望は強くなった上で魔物退治をしながら戦争へも参戦して欲しいそうです。戦闘訓練をきちんと続けていれば暫くの間、協力への返答を保留してくれるそうなのでさしあたっては様子見です 



 オススメ度 ★★★
 キーワード 召喚→逃亡 




 なろうの日刊ランキングからスコップ。




 魔物や戦争に対抗するための戦力として召喚された主人公。
 手駒にして使い潰される可能性を危惧した主人公は、とりあえず迷宮ギルドで戦闘訓練を開始する。
 が、召喚主の教団や周辺国の動きがきな臭くなってきたので、隙をみて逃亡することに――。





 異世界召喚→逃亡→冒険者として活動もの。
 良かった点としては、主人公のナチュラルなクズ思考/考えなしの思考・話のおおまかな流れ・冒険者をしてる空気感。
 残念だった点としては、淡々とした文章・緩やかすぎて起伏がいまいちなストーリー・全部説明する会話・違いが微妙なスキルやアーツ...etc...

 プロットを前提にしすぎて、キャラが機械化したパターン?

 もう少しだけキャラに人間味を持たせて、全体的に整合性を持たせたら結構化けそうな雰囲気があるだけに勿体ない作品かなー。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter