まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

六光星の加護【キャラメイク・転生】


 
六光星の加護  作者:あっぷる

主人公は満たされない毎日を過ごしていたが、修学旅行中の事故によりクラスメイトと一緒に死んでしまう。
死後の世界というのは確かに存在して、そこでは来世の自分の性別、種族、国、能力が書かれている『転生の書』を自らの手で書き換えることができた。
ただし生まれ変わる世界は地球ではなく、剣と魔法の世界という強制的な条件もついて。

主人公は『六光星の加護』というぶっ壊れスキルを手にして、新たな世界へクラスメイトと共に転生していくことになる。


 オススメ度 ★★
 キーワード ファンタジー 転生(憑依?)




 なろうの日刊ランキングからスコップ。



 ポイントを使ってキャラメイクをする転生もの。
 主人公はルーレットで規格外のポイントを叩き出し、規格外の能力を持って転生する。
 が、いろいろと強力すぎるせいで10年間ほど体に馴染むまで封印されてしまう。
 そして、その10年のせいで主人公はかなりのマイナススタートをするはめに――。





 転生というよりは憑依もの?
 良かった点としては、転生後から主人公覚醒前までのヘイトの溜め方。
 残念だった点としては、転生前・転生後(覚醒前)・転生後(覚醒後)で、話のチグハグ感が満載。
 貴族が完全に名前だけの適当な設定だったり、全体的に大雑把すぎる作品かなー。

 ただ、まだプロローグ時点での評価なので、もう少し進んだら再評価予定。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

スポンサードリンク
月別アーカイブ


Twitter