まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

唸れ天文術式!【魔法開発】


 
唸れ天文術式!  作者:クロル

 時は現代、場所は日本。運良く手に入れた八億四千万円を魔法の研究に全て突っ込み、同志と共に星を利用した魔法である通称天文術式を開発したぶっとんだ男、天野大河。異世界に向けて天文術式で「私はここだ」とシグナルを送ったところ、返事代わりに召喚される。異世界で天野の天文術式が唸る!
 ※作中で天文天文言ってるけど作者に天文知識は無いんだ。今勉強中。許して(´・ω・)→勉強終わる前に連載が終わった…… 



 オススメ度 ★★★+
 キーワード 異世界召喚  魔法開発  天文学  完結




 なろうの日刊ランキングからスコップ。




 宝くじを当てて億万長者になった主人公。
 あぶく銭だから、と魔法を作るための研究に全額投資。
 天文術式という理論は完成したものの、実際には魔法を使うことができず。
 いろいろと試行錯誤した結果、異世界に召喚されることに――。

 魔法の実在する異世界に召喚された主人公は、机上の理論であった天文術式の完成を目指していく。





 プロローグとエピローグ以外は、話の大半が魔法の考察で出来てる作品。
 天文学と時間とスケールがでかい割には、主人公の行動範囲が狭いせいで、世界観が妙に小さく感じるかも...
 星とリンクした魔法の考察は面白いけど、もうちょっと物語部分に比重を置いて欲しかった感じかなー。

 設定や説明の羅列がいける口かどうかで、結構評価が別れそうな?


関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
Twitter