まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

子どもが書いた冬休みの作文が、SFすぎる件【短編・2万字】


 
子どもが書いた冬休みの作文が、SFすぎる件  作者:Aska

一月八日、小学三年生の担任をしている俺は、冬休みの作文を子どもたちから集めた。それを読んでいたら、ファンタジーすぎる夏休みを過ごしていた男の子の作文がSF方面にぶっ飛んでいた。そんな冬の不思議な出来事を、やっぱりツッコミながら読む先生のお話。(短編『子どもが書いた夏休みの作文が、ファンタジーすぎる件』の続編になります) 


 オススメ度 ★★★+
 キーワード 小学生の作文(vs宇宙人) コメディ?




 なろうの短編からスコップ。



 主人公は小学校の先生。
 宿題の冬休みの作文を読んでいたら、冬休みにUFOに攫われそうになったり、未来から謎の少女がやってきたり、とツッコミどころ満載の男の子の作文が――。



 「子どもが書いた夏休みの作文が、ファンタジーすぎる件」(なろう)(紹介ページ)の続編。
 前作と同じく先生が作文を読んではツッコミを入れ、読んではツッコミを入れのスタイル。
 ノリは陣内智則のショートコント風味。
 けど後半を感動風に仕立て上げてるせいで、キレがいまいち悪いのが残念かなー。 

 短編なので、ほっこり感動かツッコミスタイルか、どちらかの路線で決め打ちしたほうが良かったような?

関連記事
[ 2016/01/12 05:57 ] オリジナル小説 短編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter