まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

Re:侍女は銀色の銃を持って微笑む【クール系メイド】


 
Re:侍女は銀色の銃を持って微笑む  作者:久條ユウキ

男のように育てられた子爵令嬢は、唯一無二の主を得て『最強侍女』へとレベルアップする。天才ではない、チートでもない、ただひたすらに努力を忘れない秀才侍女と、そんな彼女を取り巻く一癖も二癖もある男達。恋愛?そんなの主の前には無意味です。そう言ってのけるご主人様第一主義である侍女さんは、今日も銀色の銃を掲げて主の敵を狙う。※以前連載、既に完結しているものの再掲載です。途中からストーリーが若干変わります。大きな変更点が出るまではまとめて予約投稿しますので、文字数に差異が出ます。 


 オススメ度 ★★★+
 キーワード ファンタジー 侍女(クール系) 




 なろうの日刊ランキングからスコップ。




 幼少期の歪な教育のせいで、子爵令嬢にあるまじき戦闘力を身に付けた主人公。
 公爵令嬢に拾われてからは、礼儀作法や侍女の嗜みも取得。
 主人である公爵令嬢を守るために、嫌がらせや面倒事に対して、その敏腕を振るっていく――。




 クール系の万能侍女さんSUGEEEEもの。
 大概のことはできるけど、主史上主義やコミュニケーションという欠点を持った感じのどこか歪な主人公がグッド。主人公が持つた空気感と文体もマッチしていて良い具合。
 けど、全体的に内容がさっくりとしすぎ&文章に緩急がないせいで話の盛り上がりが薄いのは勿体ない感じ。

 あとタイトルから戦闘系を期待したけど、どっちかといえば女性向けの作品だったり...?

 評価的にはギリギリで★3+ラインかなー。

関連記事
主人公の味方以外が無能しかいないからこの作品は嫌い
仮にも未来の王妃のお気に入りの侍女に嫌がらせを行う他の「王宮勤めの一流」の侍女達の頭スッカラカン具合を見て、そんなのが一流と評価されるこの国は末期だなと見るか作者の周りへのコンプレックスを感じてしまうかで、読める人と読めない人が分かれそう
くどい設定語りの無くなった劣等生みたいな感じ。主人公の愛する主の持ち上げられっぷりといい、周りの主人公への評価の仕方といいそっくりかと
[ 2016/01/17 03:42 ] [ 編集 ]
> 主人公の味方以外が無能しかいないからこの作品は嫌い
> 仮にも未来の王妃のお気に入りの侍女に嫌がらせを行う他の「王宮勤めの一流」の侍女達の頭スッカラカン具合を見て、そんなのが一流と評価されるこの国は末期だなと見るか作者の周りへのコンプレックスを感じてしまうかで、読める人と読めない人が分かれそう
> くどい設定語りの無くなった劣等生みたいな感じ。主人公の愛する主の持ち上げられっぷりといい、周りの主人公への評価の仕方といいそっくりかと

 たしかに好き嫌いがはっきり分かれそうな...
 管理人的には、脇役キャラの滑稽さと主人公の強引すぎる持ち上げっぷりを楽しんでいたり?
[ 2016/01/17 17:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter