まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

賢者の町の神理創帥《アルケミスト》 ~出来損ないの革命譚~ 【不死身・錬金術?】


 
賢者の町の神理創帥《アルケミスト》 ~出来損ないの革命譚~  作者:黒核 久楽/クロザネ

 世界を救ったのは勇者でも英雄でもない。ひとりの錬金術師だった。
 感電事故に遭い、死んでしまった万事平均以下系男子は、異世界にて再び生を受ける。しかし転生するも、次世代魔王――元錬金術師の死体に魂が宿ってしまうことになる。
 憑依先の不死身に近い肉体スキルと、転生にて得た、使い方次第で世界を滅ぼせるチート能力を駆使しつつ、勇者の血を継ぐ大賢者の住まう小さな町にて、平穏だけど非日常な異世界ライフを満喫していく。
※12時~13時か18~19時あたりに更新します。


 オススメ度 ★★★
 キーワード 転生 錬金術? ファンタジー&微スチームパンク




 なろうの日刊ランキングからスコップ。




 神様の押しつけで、強引に転生させられた主人公。
 転生先の肉体は、魔族の王族の落ちこぼれ&人間側での大罪人。
 不死身&錬金術で身体は反則的だが、多方面で恨みを買いすぎていて、戦闘以外はハードモード。

 最初に主人公を拾ったのが、勇者の娘で大賢者というおまけつきでのスタートすることに。






 ファンタジーにいい塩梅でスチームパンクや錬金術要素を馴染ませている世界観の作品。
 戦闘関連の遠慮の無い振り切れ具合がグッド。膨大なエネルギーを自由に加工していくアイディアもいい感じ。
 でも、主人公の思考や行動がふらついて安定しない/設定や世界観を前面に出しすぎ/戦闘の科学的な比喩がくどい...あたりが結構マイナスだったり...
 世界観や設定を重視しすぎて、キャラや必要な説明が軽くなりすぎて、バランスが取れてないのが残念かなー。

 1章は★3+、2章は★3 評価かなー。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
Twitter