まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

幕末香霊伝 吉田松陰の日本維新 【カレー・転生(吉田松陰)】


 
幕末香霊伝 吉田松陰の日本維新  作者:ロロサエ

カレーに対する未練を残し、過去の日本へと生まれ変わった男。新たな人生は、明治維新で重要な一角を占めた長州藩において維新志士を教育した吉田松陰であった。
カレーの香りすら漂わない幕末日本に絶望した松陰少年。叔父による殴る蹴るの折檻により不満が爆発した松陰少年は、維新志士の成長を待たずに己の力で維新を成し遂げる決心をする。高杉晋作?知らねーし!勝手に育ってくれればいいし!伊藤博文?身分が低いなら、努力次第で駆け上がれる様に長州藩を変えといてやる!勝手に昇進しろや!!
それより、ペリーが来る前までが勝負なんだよ!それまでに幕府の方針を開国に変え、準備を入念にしとかなければならないんだよ!そしてアメリカに行く!そのままヨーロッパに遠征!最後にインドでカレー三昧!!カレーだよカレー。それが全てだ!!そしたら夢で見た女の事もわかるだろう。俺の天使に会わねばならぬ!!

これは、己がカレーを食べたい一心で幕府を変革し、インドを独立させる為にアジアを巻き込み、もって白人の覇権主義に鉄槌を下す事となる男の物語である。


 オススメ度 ★★★+
 キーワード 歴史 幕末 転生(吉田松陰)




 歴史ジャンルからスコップ。




 カレー大好き! な主人公が、幕末の吉田松陰に転生。
 史実通りに生きようとすれば、ハードモードを越えてナイトメアモードの無理ゲー。
 即座に史実ルートは諦めようとするが、歴史が変わればカレーが美味しく食べれない可能性が...

 全てはカレーのために、と主人公は奮闘して維新を目指していく――。





 少し癖が強めな幕末転生もの。
 カレーを原動力に、周囲を巻き込んで動いていく主人公のキャラ性がグッド。軽すぎず重すぎずな空気感&香霊大明神のノリもいい感じ。
 けど、度々入る解説や雑学&文章の詰め込みはもう少し工夫が欲しいところかなー。

 ★4と少しだけ迷ったが、読みやすさと解説的脱線が気になったので★3+評価。


関連記事
[ 2016/03/08 05:31 ] オリジナル小説 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter