まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

よくわかる新?日本史~異世界人と現代人が戦国時代で無双する~【戦国時代(魔法使い+錬金術師+現代人+キャンピングカー)】


 
よくわかる新?日本史~異世界人と現代人が戦国時代で無双する~  作者:式村比呂

異世界の魔法使いと錬金術師が戦闘中に<時空跳躍>の魔法を暴走させ、キャンピングカーで旅行中の安倍晴之を巻き込んでしまう。
暴走した<跳躍>でたどり着いたのは、戦国時代の日本だった。

<言語理解><収納><錬金>を使う晴之とフリーデ、<治癒魔法>を使うアイリの3人は、京で出会った知識人で公卿の山科卿に助けられ、なんとか生き延びる手がかりを掴む。

この物語は、平成生まれの現役工学部の学生が、異世界の「魔法使い」や「錬金術師」と一緒に戦国時代に放り込まれて生き残りを模索する、良く分かる「新?日本史」である!?

カクヨムサイトにも投稿しております。


 オススメ度 ★★★
 キーワード 魔法使い 錬金術師 現代人 戦国時代




 なろうの日刊ランキングからスコップ。



 異世界にて、魔法使いと錬金術師が戦闘の余波で異世界トリップ。
 途中、キャンピングカーに乗っていた主人公を巻き込んで更に戦国時代へトリップ。
 現代人+魔法使い+錬金術師+キャンピングカーの奇妙な組み合わせで、元の時代に帰る方法を模索していくことに。

 とりあえずは、情報収集も兼ねて京の都で公卿の山科卿にお世話になるところから――。





 「奥多摩個人迷宮」(なろう)(紹介ページ)の作者さんの新作シリーズ。

 戦国時代で京都/貴族ルートでのスタートとなろうでは珍しい作品。
 キャラや世界観の設定はしっかりしてそうなのに、キャラも話も浅い展開になってるのが勿体ない。淡々とした緩急薄めの文章もマイナス。売りになる要素を詰め込みすぎて、どこかイロモノ臭があるのが残念かなー。

 ただ主人公サイドにいろいろと揃っているので、もう少し進めば化ける可能性も...?
 
関連記事
[ 2016/03/18 01:51 ] オリジナル小説 歴史 | TB(0) | CM(4)
キャンピングカーなんて過去に持って行ってもすぐにガス欠やパンク等の故障で走らなくなりそう
[ 2016/03/18 05:39 ] [ 編集 ]
そのための魔法使いと錬金術師と予想。
魔法使い→車体の強化、錬金術→ガソリン精製・修理みたいな?
[ 2016/03/18 21:58 ] [ 編集 ]
主人公が感情の出ないロボットみたいな奴だなぁ、設定ガバガバだなあと思って読んでたけど前作名を見て納得。この作者の作品は世界観は面白そうでも設定が薄すぎて楽しめない。
前作だったらダンジョンは未知の存在、という事で設定小出しでも読めないことは無かったが・・・

主人公が意味も無く大量の本やらデータを持ち込んで知識チートしてるのだから、魔法と錬金術についてはどこまでできるのか、使用制限はあるのか、というルールが示されるべき。
それがハンディキャップとなって試行錯誤・創意工夫ひいては作品の味になるのにもったいない。

超が付くほど優秀な女性2人がしょぼいメシと寝床程度で部下か奴隷のような立場になってくれるのも薄い。それこそ異世界組が地球病にかかって死にそうなところを知識で助けて優しさで看病でいいのではないだろうか。誕生日や趣味や両親の名前をとまでは言わないが、キャラを掘り下げて書いていないから只のチート用魔法装置になってしまっている。しかも主人公が魔法使えてしまうなら大して重要じゃないし。

とかなんとか文句を言いつつ続きを待ってしまうのが自分でも謎。前作もそうだったし。
淡々と進んでく感じが嫌いじゃ無いんだなぁ・・・完結するとは思ってないけど。
[ 2016/03/19 05:55 ] [ 編集 ]
> 主人公が感情の出ないロボットみたいな奴だなぁ、設定ガバガバだなあと思って読んでたけど前作名を見て納得。この作者の作品は世界観は面白そうでも設定が薄すぎて楽しめない。
> 前作だったらダンジョンは未知の存在、という事で設定小出しでも読めないことは無かったが・・・

 前作も設定が甘すぎて更新停止前あたりはgdgdしてた記憶が...

> 主人公が意味も無く大量の本やらデータを持ち込んで知識チートしてるのだから、魔法と錬金術についてはどこまでできるのか、使用制限はあるのか、というルールが示されるべき。
> それがハンディキャップとなって試行錯誤・創意工夫ひいては作品の味になるのにもったいない。

 このあたりに制限つけずに、自由にやるのがある意味なろうの風潮かも?
(その分、自由にやりすぎて自滅してる作品も多いけど

> 超が付くほど優秀な女性2人がしょぼいメシと寝床程度で部下か奴隷のような立場になってくれるのも薄い。それこそ異世界組が地球病にかかって死にそうなところを知識で助けて優しさで看病でいいのではないだろうか。誕生日や趣味や両親の名前をとまでは言わないが、キャラを掘り下げて書いていないから只のチート用魔法装置になってしまっている。しかも主人公が魔法使えてしまうなら大して重要じゃないし。

 2人がサックリ身内になってるのは違和感満載ですよねー。
 あと主人公に魔法/錬金術が加わったせいで、2人の存在意義がほとんど無くなった気が

> とかなんとか文句を言いつつ続きを待ってしまうのが自分でも謎。前作もそうだったし。
> 淡々と進んでく感じが嫌いじゃ無いんだなぁ・・・完結するとは思ってないけど。

 前作の書籍化作業とで、二足のわらじ状態だから完結は無理じゃないかなー。

[ 2016/03/20 03:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter