まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

格安一戸建て、ダンジョン付き65万円 【現代・ダンジョン】(完結済み)


 
格安一戸建て、ダンジョン付き65万円  作者:ももも

両親の事故死によって、住処も失った鴻池兄妹は、保証人がいない事からアパートすら借りられない。
そして「貸してくれないのなら買えば良いじゃない」って事で、格安物件で有る山中の一軒家を購入する。
だが、引っ越して数日後、その家の敷地に『ダンジョン』が現れる。
二人は、警察や『ダンジョン管理機構』にも連絡せず、そのダンジョンを使って魔石と宝箱で生活費を稼ぐ事にする。

これは、ダンジョンが突然現れた現代社会をベースにした、ヘタレ気味の兄とアグレッシブな妹とぺんぺんの生活記で有る。(幼女・ケモ耳娘・俺Tueeeなどのテンプレはありません)


 オススメ度 ★★★★
 キーワード 現代 ダンジョン 完結済み(45万字)




 なろうの日刊ランキングからスコップ。




 世界にダンジョンが出現して10年後。
 両親の事故死がきっかけで、山奥のボロ家に引っ越した兄妹。
 親戚や銀行から金を毟り取られた結果、貧乏暮らしが始まる――
 かとおもいきや、
 倉庫の下から見つかった日本で4つ目のダンジョン。

 兄妹は世間からダンジョンを秘匿し、ダンジョンで生活費を稼ぎ始める。





 なあなあ系のお人好し兄貴と突撃系妹の現代&ダンジョンもの。
 下手に恋愛要素やライバル、テンプレ要素などを入れずにダンジョン攻略に特化しているのがグッド。2章(42話)からは、話のスケールがアップしてきっちり物語にしているのも良し。
 レベルアップうんぬんの説明が分かり辛い/キャラが表面的で浅い/イベント終わりがアッサリしすぎ、なところは残念。

 面白いことは面白かったが、
 できればエピローグをもう1、2話足して、もう少しスカッとしたというかざまぁな要素を入れて欲しかったかなー。

関連記事
完読。なかなか面白かった。
妹が序盤ウザイのと経験値システムとダンジョン神の設定あたりはどうかと思うけど、安全マージンしっかりとってダンジョン攻略を淡々と進んでいく感じは結構好き。
突然放り込まれたとか借金期限とか収支バランスとかの理由がないなら慎重に進むのが自然よね。
ラストがちょっと物足りないのは、まぁ、クドくなるよりはいいんじないですかね。
[ 2016/03/30 23:28 ] [ 編集 ]

 あー、妹のノリは確かに無理な人もいるかも...
 ラストは確かにクドクドやられるかは相当マシですねー。
[ 2016/03/31 01:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter