まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

皇子様の孤児から下克上 ~贈物(ギフト)の力で成り上がる~ 【エリート→孤児】


 
皇子様の孤児から下克上 ~贈物(ギフト)の力で成り上がる~  作者:山猫

霧島皇子(キリシマオウジ)はコングロマリットの霧島グループ会長の孫で、霧島銀行頭取の父とイギリス人の愛人との間に生まれたハーフだ。
愛人の子などそういう家庭では疎まれる存在に思えるが、事実は家族仲も良く、異母兄と異母姉をサポートするための教育を受け、文武両道で家庭的なことまで可能な美青年に成長した。
16歳のある日、父の指示で急遽決まった婚約者とホテルの最上階で食事をすることになる。その時大地震が起こりホテルの上層階は中折れしてしまったため、大勢の人と共に皇子も死亡した。
気づいた時には神の分体(アバター)と邂逅することになり、地震が神の実験の意図せぬ結果と言うことで、別世界で第2の人生を過ごすことになる。
皇子は日本と同じような文明社会を希望していたが、剣と魔法とファンタジーの世界に飛ばされ、しかも身分は孤児になった。
神からもらった贈物(ギフト)の力で皇子は孤児から成り上がれるのか?
ステータス表記を頻繁に出す予定、主人公が強くなる過程が好きな人なら楽しめるかもしれません。


 オススメ度 ★★
 キーワード 神様転生/憑依? 転生者複数




 なろうの日刊ランキングからスコップ。




 大企業グループの会長の孫で、英才教育を受けてきたエリート系の主人公が神様転生(ギフト&鑑定スキルあり)
 異世界で死んだばかりの孤児の体を元に転生したおかげで、スラムの孤児としてスタート。
 社会カーストの最底辺から脱出するために、冒険者から始めることに。

 ギフトスキルと英才教育の成果を活用して、主人公は最底辺から成り上がっていく――。




 エリート系主人公の異世界転生もの。転生者も複数有り。
 良かった点は、サクサクと進む展開/更新速度/主人公の後腐れなく淡々とした性格
 残念だった点は、主人公のエリート成分を全く活かせていない/貴族や王族あたりの適当感/テンプレな世界観を前提にしすぎて描写が浅すぎ...etc...

 2章まででギリ★3、3章からは★2評価。

 正直、上流階級の話については、特にいろいろと地力が足りてない感じかなー。

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter