まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

限界集落・オブ・ザ・デッド【老人・パニックホラー】


 
限界集落・オブ・ザ・デッド  作者 ロッキン神経痛

強いジジイが、腐ったゾンビを吹っ飛ばす


 オススメ度 ★★★★★
 キーワード 現代 ゾンビ パニック系ホラー




 カクヨムからスコップ。





 人が死ねばゾンビになる世界。
 舞台は、100人未満の山奥の限界集落。
 とある婆さんのゾンビ化をきっかけに、集落で最悪の一日が始まる――。

 ゾンビは際限なく増え、逃げ場も禄になし。
 人間は爺さん婆さんばかり、戦えるのは極僅か。

 それでも生き残るため、各人が必死に踏ん張っていく。




 コメディ系と思いきや、真面目なパニック系のホラーもの。
 年寄りが無駄に格好良いのはもちろん、その場の空気感・緊張感が無駄にいい作品。ラノベというより普通の小説に近い文体にしているのもグッド。
 少し説明が多い気もするけど、充分にスルーできる範囲内。

 実写映画とかにしたら、かなり栄えそうな作りかなー。

 できれば、限界集落の外での話も見てみたかったり?

関連記事
[ 2016/04/28 01:18 ] オリジナル小説 現代 | TB(0) | CM(4)
この手の話はどうやって舞台を限定するかも重要そうですね
既にその周辺以外の世界が滅びてたり、滅菌地域に指定されて封鎖されてたり、孤島だったり
そうじゃないと世界にゾンビなどの存在が馴染んでいる異世界っぽい世界観の話になっちゃう
[ 2016/04/28 13:44 ] [ 編集 ]

>この手の話はどうやって舞台を限定するかも重要そうですね

 閉じている舞台か、閉じていない舞台か
 ホラー系だと魅せ方自体が変わってくるので、舞台選定はかなり重要な要素みたいですね。

>世界にゾンビなどの存在が馴染んでいる異世界っぽい世界観の話になっちゃう

 このあたりはハリウッド映画や海外ドラマのアウトブレイク系の話が増えてきたおかげで、
 違和感なく現代にゾンビを馴染ませる手法が確立し始めてるかも?

  
[ 2016/04/28 23:15 ] [ 編集 ]
ロンドンゾンビ紀行という映画がありまして
老人ホームにゾンビが出るシーンは凄く面白かったのですが、日本じゃ無理だなと
イギリス映画はこういうキレたの平気で作るんだけど、多分アメリカでも作るの難しいかもしれない
足腰弱ったお年寄りが歩行器でゾンビから逃げるシーンとかめっちゃ面白いんだけどね。
You Tubeに予告編あります
[ 2016/04/29 18:02 ] [ 編集 ]

 予告編を見たけど、老人が銃片手にハッチャケてるのがいい感じですねー。
 アメリカだと有名タイトルのパロディ系とかでありそうな気も?
 とりあえずはレンタル屋で探してみるリスト入り、と。
[ 2016/04/30 01:27 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサードリンク
カテゴリ

openclose

適当なオススメ商品
Twitter