まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

ギルドは本日も平和なり【転生・冒険者→ギルド職員】


 
ギルドは本日も平和なり  作者:ナヤカ

アスカレア王国には、四つの冒険者ギルドが存在する。その中の一つ、冒険者の町タウーレンに存在する冒険者ギルドは、四つの中でも最も忙しいギルドである。
そんなギルドに派遣された男『テプト・セッテン』。彼の前世は、何の取り柄もない凡人学生だった。神によって才能を与えられて転生するも、選んだ道はギルド職員。彼は傍若無人な冒険者に説教をしながら、問題だらけのギルド内で、女性や男たちとわちゃわちゃしつつも、平和な日々をおくる。


 オススメ度 ★★★
 キーワード ファンタジー 転生 ギルド職員



 なろうの日刊ランキングからスコップ。



 異世界に転生して全属性持ちで冒険者をやっていた主人公。
 全属性持ちは能力が頭打ちになりやすいことを知り、ギルド職員に転職。
 配属されたギルドでは、無能なギルド長・逃亡済みの前任者・放置された仕事と面倒事ばかり。
 
 無駄にハイスペックな主人公は、次々に仕事をこなしていくが、それはそれで……。





 ハイスペックな主人公が、やれやれと言いながら無自覚にSUGEEEEしていく系の作品。
 良かった点は、淡々と進むテンポ/一見すれば主人公のSUGEEEEだけど、実は主人公が動けば動くほど状況を悪化させているという皮肉感。
 残念だった点は、ちょっとギルドの設定が強引/主人公の人間味が薄いのもマイナス/話に説得力がないのが致命的かなー。

 もうちょっと主人公に主体性というか考えを持って欲しかったかも?
関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter