まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

異世界の沙汰も金次第


 
異世界の沙汰も金次第  作者:時羽兼鳴

ソーシャルゲームで貯金を食いつぶしている社会人「白石亮」は勇者として召喚され、ギフト(スキル)「ガチャ」を手に入れる。だがそのスキルの価値を測れなかった王は亮を監禁する。それが次の召喚のための生贄にする為と知り、亮はガチャで手に入れたスキルで城から脱出し、この国から離れることにする。その際に、慰謝料として城の財宝に手をつけたことが、この世界を大きく歪ませてしまう。そんなことを与り知らぬ亮は、この世界の腐敗を感じ「救う価値なし」と判断。好き勝手に生きることにする。
 


 オススメ度 ★★★★
 キーワード 勇者召喚 外道系主人公 ガチャシステム トリップ者複数 スライム 

 作者タグではR15になってるが、やっていることはたぶんグレーゾーンなので注意(あと1歩踏み込んだ書き方をしたら完全にアウト系


 話の内容はよくある異世界からの勇者召喚もの。
 地球から有無をいやさずに召喚された主人公が、役に立たない能力を持っており、危害を加えられる前に逃走する物語。

 召喚した国からの脱出、他国の勇者との敵対、スライムが仲間に、など主人公は順調に移動を重ねる。某RPGのように勝手に宝を盗んだり、金貨を貰ったり、いろいろとやりたい放題。
 まさに外道。
 そんなことができるのは主人公が手に入れたチート?能力『ガチャ』のおかげ。金を使って運が良ければチート級アイテムゲットみたいな?

 ガチャから出てくるアイテムを楽しみつつ、主人公の外道を笑う...そんな楽しみ方をする作品。



 1話6000字前後で、更新もある程度安定しているので外道系主人公の入門編にちょうどいいかも。
 2、3話読んで主人公外道じゃねーじゃん、と思うならば読まないほうが吉(話は進んでもノリはそのままなので


 ※スライムの下ネタ関連は外道の味付けにはちょうどいいが、やりすぎると色々とひっかりそうなので少し心配どころ...

関連記事
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter