まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

元自衛官が戦前日本に転生したようです。【歴史】【転生者多数】


 
元自衛官が戦前日本に転生したようです。  作者:霧島ナガツキ

ブラック企業で働いていたら過労死した宮崎幸一は目が覚めたら戦前の1892年に如月誠という陸軍中将の息子の如月城一郎として産まれた。そして、城一郎は日本を太平洋戦争で敗北という結果にしないために仲間とともに動き出す。


 オススメ度 ★★★
 キーワード 歴史 WWⅡ 転生者多数。



 元自衛官が戦前の日本に転生。
 歴史が微妙に変わっていたが、他にもいる転生者たちの仕業と判明。
 主人公も他の転生者たちと混ざってWWⅡの悲劇をさけるために動いてくことに――。

 ちなみに主人公は海軍航空系に所属。
  


 転生者たちがチートのない範囲でワイワイと歴史改変していく作品。
 なろうらしいノリで取っつきやすさがあるのはグッド。転生者たちが集まって好き勝手やってる雰囲気もいい感じ。
 でも、全体的にザックリと雑過ぎ...。
 主人公の必要性や、どこをメインに魅せたいのか、適当すぎる話の構成、そのあたりがかなりマイナス。

 もうちょっとどこかに焦点を絞って書いて欲しかった感じかなー。
関連記事
[ 2016/10/12 00:15 ] オリジナル小説 歴史 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter