まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

俺んちに来た女騎士がいつの間にか嫁認定されてる件【異世界→日本】【農家】


 
俺んちに来た女騎士がいつの間にか嫁認定されてる件  作者:裂田

佐伯莞爾はど田舎に暮らす独身貴族で、先祖代々の土地で農業を営んで暮らしている。ある日のこと、全身甲冑のコスプレ姿をした金髪の美人がやってきて、一晩泊めてくれと言い出した。最初はそういう”設定”なんだろうと思っていたが、設定どころか本物の異世界人で、おまけに女騎士だった。元の世界に帰れなくなった異世界の女騎士と、自由気ままに暮らす農家がなぜか一緒に暮らすことになってしまった。莞爾はお客さんのつもりだったが、女騎士の方がそうでもないようで……


 オススメ度 ★★★★
 キーワード 異世界→日本  女騎士



 女騎士が事故で異世界トリップ、現代の日本へ。
 最初は農家の主人公に世話になっていた。
 が、
 外務省が動いたり、防疫対策に強制入院させられたりで、徐々に騒ぎが拡大することに――。

 でもメインはスローライフになりそうな?



 女騎士の逆トリップもの。
 ギャグやコメディに走りやすいテーマだけど、しっかりとした安っぽさのない雰囲気をしているのがグッド。ぶっきらぼうな主人公、しっかりした農業ネタ、丁寧な話の展開などもいい感じ。
 ただ女騎士をあっさりと異世界人認定したあたりは、ちょっと気になったかも?

 ★3+と迷ったけど、安定感があったのと今後の期待を込めて★4評価で。

関連記事
[ 2016/10/21 06:20 ] オリジナル小説 現代 | TB(0) | CM(5)
最初ひ面白かったけど、話が進むにつれて
中身スカスカ感が出てきた
[ 2016/10/26 16:07 ] [ 編集 ]
おお、なかなかに評価が厳しめ。

たまに話がバッサリカットされて「あれ?」となる部分はあるけど、まだスカスカまでは感じないかなー。
一年目に入って大きく話が動いた感じがないのでそう感じるのかも?
[ 2016/10/26 23:59 ] [ 編集 ]
なるほどー。
それなら、もう少し読んでみようかな。
評価変わるかもしれないですしね。
ただ、なんと言うか、異世界から来ました→外務省出張ってきた→
検査やら調査やらしました→はい、オッケーって、簡素にしすぎな気がするんですよね。そこら辺のとこ細か過ぎると鬱陶しいでしょうけど、あまりに省き過ぎな感じも。
[ 2016/10/27 09:54 ] [ 編集 ]
 確かにバッサリ行き過ぎな感じはありましたね。
 せめて検査や調査あたりの概要くらいは欲しかった感じも...

 まあ、そのあたりは感想欄でもツッコミを入れられて、
 作者いわく「あんまり重苦しいところを書きたくなかったので、概要だけざっくり」「本筋じゃないのですっ飛ばし」とのこと。
 
[ 2016/10/28 01:19 ] [ 編集 ]
甘くて美味しい小説だと思います
女騎士のいじらしさと主人公の不器用っぷりに悶えざるをえない
真面目っぽい文章もリアルっぽい描写もそのための舞台装置なんでしょうね
[ 2017/01/15 16:49 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter