まろでぃの徒然なる雑記@Web小説紹介

なろう、ハーメルンなどの小説を適当にスコップ!
Sponsored Link

異世界と日本は繋がったようです(多重クロス


 
異世界と日本は繋がったようです  作者:蟹栗コロスケ

神様転生を果たした主人公だが、転生先は前世と変わらぬ現代の日本だった。
貰ったチート能力も大して役には立たず、彼は平凡な日常を送っていた。
しかしある日彼が東京を旅行中、銀座にゲートが出現し……、

毒電波を受けて書いた駄文です。毒電波の受信状況次第なので不定期更新を予定。
 


 オススメ度 ★★
 キーワード 神様転生 特典能力あり 原作知識あり 多重クロス
 (話の内容的に★3つ。けど読む人をかなり選ぶ内容なので★2つに。
 
 
 ゲートが原作のssが珍しくあったのでご紹介。
 と、言っても中身は多重クロスというかゼロ魔とアウトブレイク・カンパニーが8割な小説なので注意。




 神様転生を夢と勘違いした主人公は、転生特典を適当に頼み、心底後悔することに。
 主人公は典型的な転生特典を願った銀髪オッドアイの女顔イケメン(?)でサーヴァント持ち。
 能力もいろいろと貰ったが、誓約があったり欠陥持ちだったりで殆ど使えない。

 そんな主人公が銀座に出かけた際、ゲートの出現に遭遇。

 騎士団とやり合ったり、女装イベントが発生したり、政府に監禁状態にされたり、他の異世界に招待されて異文化交流したり、いろいろとイベントをこなして頑張っていく話。




 正直、ゲートssを期待した人は読まないことをオススメする。
 原作タグと物語の導入部分はゲートだが、話は多重クロスであり、ゲートの導入部分→アウトブレイク・カンパニーの世界へ→ ゼロの使い魔の世界へと話の舞台は順に移っていく。
 現在30話時点で、ゲートの話は導入部分と世界移動の繋ぎくらいの活用しかされていない。ゲートのメイン部分が出てくるとしてもまだかなり先だと思われる...
 またゼロ魔とアウトブレイク・カンパニーの原作小説を殆ど既読していないと分かり辛い話が多く、読んで楽しむためにはかなりハードルが高い。

 正直、かなり人を選ぶ作品。

 が、発想というかアイディアは非常に良い。
 ゼロ魔編とアウトブレイク・カンパニーの話はオリジナル要素(原作を読み切っていないので断定できず)も強く、文章は普通に読める違和感のないレベル。


 人を選ぶ作品だけど、ツボに嵌った人にはたまらないんじゃないかな?

 

 ただ、あらすじにはもっと明確に多重クロスだと書いて欲しかったところ...
 タグに多重クロスとあっただけなので、ゲートの話がメインでゼロ魔とかアウトブレイク・カンパニーの要素が微かに混ざるくらいかと思って期待して読んでしまったよ...
関連記事
[ 2015/01/07 02:07 ] 二次創作小説 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ

openclose

人気ページ
ブログパーツ
適当なオススメ商品
Twitter